公安9課

*

MSIの3GB版GTX1060搭載カード「GeForce GTX 1060 GAMING X 3G」発売

   

GeForce GTX 1060 GAMING X 3G

MSIより3GB版GTX1060搭載カード「GeForce GTX 1060 GAMING X 3G」が発売されます。

MSIは2016年8月18日、NVIDIA GeForce GTX1060を搭載するMSIオリジナル設計のグラフィックスカード「GeForce GTX 1060 GAMING X 3G」を8月23日より発売することを発表しました。市場想定売価は税抜2万9800円。

GeForce GTX 1060 GAMING X 3Gのスペックは以下の通り。

製品名 MSI GeForce GTX 1060 GAMING X 3G
GPU NVIDIA GeForce GTX 1060
CUDAコア 1152ユニット
メモリ GDDR5 3GB
メモリインターフェース 192ビット
コアベースクロック 1594MHz(OCモード時)
ブーストクロック 1809MHz(OCモード時)
メモリクロック 8108MHz(データレート)
バスインターフェース PCI Express 3.0 x16
ディスプレイ出力端子 Displayport1.4×3( 最大画面解像度7680×4320 @60Hz)
HDMI2.0b×1( 最大画面解像度3840×2160 @60Hz)
DL-DVI-D×1(最大画面解像度256×1600 @60Hz)
補助電源 8ピン×1
消費電力 120W
外形寸法 約277×140×39mm
製品公式 GeForce GTX 1060 GAMING X 3G | エムエスアイコンピュータージャパン

 

GeForce GTX 1060 GAMING X 3G-1

GeForce GTX 1060 GAMING X 3Gに搭載されているGTX1060は3GB版・GTX1060 6GB版と比較すると、CUDAコアが1280基→1152基と128基減少、グラフィックスメモリは6GB→3GBとすることで、より優れたコストパフォーマンスを実現しています。VR Readyにも対応しています。

従来型ファンブレードと、よりひねりの大きな分散型ファンブレードを組み合わせた「トルクスファン」を改良し、風圧を22%高め冷却性を向上させた「トルクスファン2.0」を採用。高性能と静音性の両立を実現しています。また、60度以下の低負荷時にはファンの動作を停止する「Zero Frozr」もサポートしています。

3つの動作モードを搭載しており、付属ソフトの「GAMING APP」でモード切替が可能。

OCモード時はベースクロック1594MHz、ブーストクロック1809MHz、メモリクロック8108MHzで動作。ゲーミングモード時はベースクロック1569MHz、ブーストクロック1784MHz、メモリクロック8008MHzで動作。サイレントモードはベースクロック1506MHz、ブーストクロック1708MHz、メモリクロック8008MHzで動作。

 

なかなかコストパフォーマンスがよさそうなので、安くて新しいグラフィックスカードが欲しいという人にオススメできそうですね。

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
WD Redとの比較もあり!WD Red Proシリーズスペックまとめ!
NEXT
【CPU】Intel Core i7, Core i5, Core i3の世代の一覧・見分け方のまとめ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。