公安9課

*

MSIよりGTX1050搭載カード「GeForce GTX 1050 GAMING X 2G」発売

   

geforce-gtx-1050-gaming-x-2g

MSIよりGTX1050搭載カード「GeForce GTX 1050 GAMING X 2G」が発売されます。

MSIは2016年11月4日、NVIDIA GeForce GTX1050を搭載したグラフィックスカード「GeForce GTX 1050 GAMING X 2G」を本日より発売することを発表しました。市場想定価格は税抜1万5800円の見込み。

GeForce GTX 1050 GAMING X 2Gのスペックは以下の通り。

製品名 GeForce GTX 1050 GAMING X 2G
GPU NVIDIA GeForce GTX 1050
CUDAコア 640ユニット
メモリ GDDR5 2GB
メモリインターフェース 128ビット
コアベースクロック 1442MHz(OCモード時)
ブーストクロック 1556MHz(OCモード時)
メモリクロック 7108MHz(データレート、OCモード時)
バスインターフェース PCI Express 3.0 x16
ディスプレイ出力端子 Displayport1.4×1(最大7680×4320@60Hz)
HDMI2.0b×1(最大3840×2160@60Hz)
DL-DVI-D×1(最大2560×1600@60Hz)
補助電源 6ピン×1
消費電力 75W
推奨電源ユニット容量 300W
外形寸法 約229×131×39mm
付属品 ドライバCD、インストールガイド
製品公式 GeForce GTX 1050 GAMING X 2G | エムエスアイコンピュータージャパン

 

geforce-gtx-1050-gaming-x-2g-1

従来型と分散型のファンブレードを組み合わせて狭い間隔で配置することにより、風圧を22%高め冷却効率の向上を実現した「トルクスファン 2.0」と、エアフローコントロールに優れたヒートシンクを備えた独自GPUクーラー「Twin Frozr VI」を搭載。

さらに、60℃以下の低負荷時にファンを停止させることで騒音を低減する「Zero Frozr」機能に対応しており、トップクラスの冷却性能・静音性を誇ります。

付属のGAMING APPを使用することで3つの動作モードを選択可能。動作モードによってクロック数が異なります。

  • OCモードはベースクロック1442MHz、ブーストクロック1556MHz、メモリクロック7108MHz
  • ゲーミングモードはベースクロック1417MHz、ブーストクロック1531MHz、メモリクロック7008MHz
  • サイレントモードはベースクロック1354MHz、ブーストクロック1445MHz、メモリクロック7008MHz

その他、ゲームキャプチャツール「Ansel」やディスプレイ同期技術である「G-SYNC」、ゲームに最高のパフォーマンスとリアルな映像を提供する「GameWorks」などに対応しています。

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ドコモがAndroid 7.0へのバージョンアップ予定製品を発表
NEXT
HUAWEI MediaPad M2 8.0 Wi-FiモデルがAndroid 6.0にアップデート

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。