公安9課

*

MSIのXeon E3-1200 v5対応マザー「E3M WORKSTATION V5」発売

   

E3M WORKSTATION V5

MSIのXeon E3-1200 v5シリーズ対応マザー「E3M WORKSTATION V5」が発売されます。

MSIは2016年5月27日、Intel Xeon E3-1200 v5シリーズをサポートしたmicroATXワークステーションマザーボード「E3M WORKSTATION V5」を2016年5月28日より発売することを発表しました。市場想定価格は1万1800円。

E3M WORKSTATION V5のスペックは以下の通り。

製品名 E3M WORKSTATION V5
チップセット Intel C232チップセット
対応CPU LGA1151(Intel Xeon E3-1200 v5プロセッサ対応)
フォームファクター microATX
CPUチョーク Dark Choke
コンデンサ 固体コンデンサ
メモリソケット DDR4 DIMM×2(最大32GB)
DDR4-2133対応
拡張スロット PCI Express 3.0 x16スロット×1
PCI Express 3.0 x1スロット×2
映像出力 なし
ストレージ SATA 6Gbps×6
対応RAID RAID 0,1,5,10
オーディオ Realtek ALC887
LAN Realtek RTL8111H
バックパネルインターフェース PS/2 keyboard port×1
PS/2 mouse port×1
-USB 2.0 ports×4
USB 3.1 Gen1 ports×4
LAN (RJ45) port×
audio jacks×3
製品公式 E3M WORKSTATION V5 | MSI Global | Motherboard

 

E3M WORKSTATION V5-1

E3M WORKSTATION V5はIntelの第6世代Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, CeleronをサポートするIntel C232チップセットを搭載したmicroATXマザーボード。最新のテクノロジーとなるDDR4メモリをサポートするほか、高い性能と安定性を提供すべく設計されており、ワークステーション、エントリーサーバー、データセンターなど、厳しい負荷環境が必要とされるユーザー向けに最適な製品です。

湿度・静電気・電磁波からハードウェア故障を保護する回路保護機能「GUARD PRO」を加えた、MSI独自の高品質部品採用を示す称号「ミリタリークラス4」に準拠。耐熱性・対振動性などでアメリカ国防総省の定める軍用規格(MILスペック)をクリアし、高い安定性と電源効率、長寿命を誇るDark Chokeを採用する高品質な設計です。

メモリー回路を他のコンポーネントから完全に独立させることにより、最良のメモリ信号を保ち優れた動作と安定性を実現する「DDR4 Boostテクノロジー」を搭載しています。

なお、映像入力端子は一切搭載していないので別途グラフィックボードの購入が必須です。

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ASUSよりX99マザー「X99-DELUXE II」「X99-A II」発売。従来製品に機能追加されたモデル
NEXT
GIGABYTEよりGTX1080搭載グラフィックボード「GV-N1080D5X-8GD-B」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。