公安9課

*

MSIのUSB3.1type-Cを搭載したB150マザー「B150M MORTAR ARCTIC」発売

    [最終更新日]2016/08/06 08:56

B150M MORTAR ARCTIC

MSIのB150マザー「B150M MORTAR ARCTIC」が発売されます。

MSIは2016年7月28日、B150チップセットを搭載したmicroATXサイズのマザーボード「B150M MORTAR ARCTIC」を7月30日より発売開始することを発表しました。市場想定価格は税抜1万980円。

B150M MORTAR ARCTICのスペックは以下の通り。

製品名 B150M MORTAR ARCTIC
チップセット Intel B150 Express
対応CPU LGA1151(Intel第6世代Coreプロセッサ対応)
フォームファクター microATX
CPUチョーク Dark Choke
コンデンサ 固体コンデンサ
メモリソケット DDR4 DIMM×4(最大64GB)
DDR4-2133対応
拡張スロット PCI Express 3.0 x16スロット×2
PCI Express 3.0 x1スロット×1
M.2×1(Wi-Fiモジュール用)
インターフェース USB 3.0×6(バックパネル×4、ヘッダピン×2)
USB 2.0×4(バックパネル×2、ヘッダピン×2)
PS/2×2
HD Audio(8ch)
ギガビットイーサネット×1
映像出力 HDMI×1、DVI-D×1
ストレージ SATA 6Gbps×6
M.2 32Gbps×1(SATAデバイスを搭載した場合、SATA 1と排他使用)
製品公式 B150M MORTAR ARCTIC | MSI Global | Motherboard

B150M MORTAR ARCTIC-1

B150M MORTAR ARCTICはB150チップセットを搭載したエントリーモデルながら、PCI Express 3.0×4接続による最大32Gbpsの高速データ転送を可能とするTurbo M.2や、重量級グラフィックスカードを堅固に支えるPCI Expressスロット補強技術STEEL ARMORを採用するなど、ゲーマーが求める仕様を盛り込んだマザーボード。

icro-ATXモデルながらメモリスロットを4本搭載することで、最大64GBのメモリをサポート。また、ほかの回路から独立したオーディオ回路を採用するAudioBoostにも対応。さらに、基板背面には白色LEDを搭載しているほか、5050型単色LEDストリップを拡張するための4ピンコネクタ「LIGHT EXTENSION」も装備し、最大3A(12V)の電力供給をサポートするほか、GAMING APPから点灯パターンを制御することも可能です。

主なスペックは、CPUソケットはLGA1151でIntelの第6世代Core i7, i5, i3, Pentium, Celeronをサポートし、メモリスロットは4つで最大64GBまで認識、DDR4-2133をサポート、SATA3ポート6個、M.2スロット1つ、拡張スロットはPCI Express 3.0×16スロットが2つ(x16/x4)、PCいExpress 3.0×1スロット1つ。バックパネルにはPS/2 mouseポートとkeyboardポートが1つずつ、HDMI×1、D-Sub×1、USB3.1 Gen1 Type-C×1、USB3.1 Gen1×3、USB2.0×2、LAN(RJ45)ポート×1、オーディオジャック×6。

 

 

情報元 : B150M MORTAR ARCTIC | MSI Global | Motherboard – The world leader in motherboard design



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ASUSのGTX1080搭載R.O.G.グラボ「ROG STRIX-GTX1080-8G-GAMING」発売
NEXT
MSIのCorsair製ウォーターブロック採用GTX1080グラフィックスカード「GeForce GTX 1080 SEA HAWK X」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。