公安9課

*

LenovoがSuperfishに関する見解を発表、14年9月~15年2月の間に購入した人は要注意

   

 LenovoがSuperfishに関する見解を発表しました。

Superfishとは

2014年9月から2015年2月までLenovoの個人向けノートパソコンやタブレット製品の一部に搭載されていたアドウェア。Superfishは「ショッピング体験を向上させるもの」としてプリインストールしていたようですが、実際はGoogleの検索結果やサイトを開くとユーザーの許可なしに独自の広告を勝手に挿入したり、自己署名証明書を自己発行して偽のSSL証明書を生成し、HTTPS通信を傍受、SSL通信の中身まで覗けるようにするため実質マルウェアの扱いになっています。クレジットカードの番号やら暗証番号などの入力した情報を第三者に傍受されたら非常にヤバイです。

Superfishのプリインストールは2015年1月の時点で停止し、本ソフトウェアを有効化するサーバー接続についても同月より停止しています。そして今後Superfishをプリインストールすることもないとのこと。更にSuperfishを除去するガイドとしてオンラインリソースの提供を開始しています。

Superfishのアンインストール方法

http://support.lenovo.com/jp/ja/documents/ht102634

 

対象機種

  • G シリーズ: G410, G510, G710, G40-70, G50-70, G40-30, G50-30, G40-45, G50-45
  • U シリーズ U330P, U430P, U330Touch, U430Touch, U530Touch
  • Y シリーズ: Y430P, Y40-70, Y50-70
  • Z シリーズ: Z40-75, Z50-75, Z40-70, Z50-70
  • S シリーズ S310, S410, S40-70, S415, S415Touch, S20-30, S20-30Touch
  • Flex シリーズ: Flex2 14D, Flex2 15D, Flex2 14, Flex2 15, Flex2 14(BTM), Flex2 15(BTM), Flex 10
  • MIIX シリーズ: MIIX2-8, MIIX2-10, MIIX2-11
  • YOGA シリーズ: YOGA2Pro-13, YOGA2-13, YOGA2-11BTM, YOGA2-11HSW
  • E シリーズ: E10-30

※ThinkPadシリーズ、デスクトップ、スマートフォン、エンタープライズ向けサーバー・ストレージ製品にもSuperfishは含まれません。日本で発売されていない機種も含まれています。

以上がプリインストールされていた機種になります。Miix 2 8のユーザーは多いと思うので要チェックです。

 

今はプリインストールしていないから大丈夫ですよ、と言われても「なんか他にも怪しいソフトが入っているんじゃないか」と勘ぐられてもおかしくないですね。

 

情報元 : Superfishに関するレノボの見解



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
GIGABYTE BRIX GB-BXi7-5500は2月20日発売
NEXT
Surface Pro 3を購入するとタイプカバーが無料、大学生なら1万円CBのキャンペーン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。