公安9課

*

Lenovoの世界初Tangoテクノロジー搭載ファブレット「PHAB2 Pro」発売

   

phab2-pro-3

Lenovoより世界初Tangoテクノロジー搭載ファブレット「PHAB2 Pro」が発売されます。

レノボ・ジャパンは2016年12月2日、世界で初めてTangoテクノロジー(Googleが開発したARプラットフォーム)を搭載して複数のカメラセンサーとソフトウェアによる拡張現実(AR)体験を実現したファブレット「PHAB2 Pro」を本日より発売開始することを発表しました。レノボ直販価格は5万3784円。

PHAB2 Proのスペックは以下の通り。

製品名 Lenovo PHAB2 Pro
OS Android 6.0
ディスプレイ 6.4インチ
(2560×1440, QHD, IPS)
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 652
(Google Tangoエディション)
メインメモリ 4GB
ストレージ 64GB
カメラ(背面/前面) 背面1600万画素/前面800万画素
外部メディア規格 microSD
Wifi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.0
GPS GPS
A-GPS
GLONASS
BeiDou
センサー ジャイロセンサー、デジタルコンパス、光センサー
加速度センサー、近接センサー
SIMタイプ nanoSIM×2
ネットワーク周波数帯
(LTE)
Band 1, 3, 5, 8, 38, 41
ネットワーク周波数帯
(W-CDMA)
Band 1, 5, 8
バッテリー容量 4050mAh
本体サイズ 179.83×88.57×6.96(最厚部10.7)mm
重量 約259g
製品公式 PHAB2 Pro

 

phab2-pro

本体カラーはシャンパンゴールドとガンメタルグレーの2色。8.9mmの薄型アルミニウム合金ユニボディを採用。

Tangoアプリに最適化されたSnapdragon 652、メモリ4GB、ストレージ64GBを搭載。大容量4050mAhのバッテリーは高速充電に対応していますが規格は不明。本体背面には指紋センサーを搭載しており、ワンタッチで簡単にロック解除可能。

ディスプレイの電力消費を抑えつつ、リアルタイムに画素毎の色や輝度を調整して屋外など明るい環境でも見やすくする6.4インチQHD(2560×1440)Assertive Displayを搭載。太陽光や反射光などにスマートに適応します。

世界初のDolby Audio Capture 5.1に対応しており、Dolby Audio 5.1chの音声で録音が可能。端末で物体の大きさを測定したり、新しいテーブルやソファーなどが自分の家の中でどのように見えるかを確認できる「ARユーティリティ」に対応しています。

スペックは申し分ないですが、なんとネットワーク周波数帯がLTE Band 1, 3, 5, 8, 38, 41、W-CDMA Band 1, 5, 8と日本向けにする気が全く感じられません。まともに使えるのはSoftBankとY!mobile回線くらいでしょうか。

docomoのプラチナバンドであるLTE Band 19非対応はもちろん、FOMAプラスエリアであるW-CDMA Band 6/19にも対応していません。auも同様にプラチナバンドであるLTE Band 18非対応です。もうちょっと日本向けにカスタマイズしてくれればよかったのですが…。

 

 

PHAB2 Pro



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
独自冷却技術を活かしたMSI初のCPUクーラー「CORE FROZR L」発売
NEXT
Thermaltakeより全高27mmのロープロファイルCPUクーラー「Engine 27」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。