公安9課

*

ECSよりCore M-5Y10cを搭載した「LIVA Core」発売

   

LIVA-Core-1

ECSよりCore M-5Y10cを搭載した「LIVA Core」発売されます。

LIVA Core スペック

LIVA Coreは、WindowsベースのデスクトップPCを実現した高性能小型ベアボーン。ファンレス設計によって完全無音動作します。

NUCとは異なり、M.2 SSDとOSの2つを用意すればいいので敷居は低いです。

製品名
CPU Intel Core M-5Y10c
(800MHz-2GHz, 2コア4スレッド, L2キャッシュ4MB)
グラフィック Intel HD Graphics 5300
メモリ(DDR3L) 4GB
拡張スロット M.2 type 2242/2280(SATAorPCIe)
無線 IEEE 802.11ac & Bluetooth 4.0
【搭載ポート】
HDMI 2(3840×2160 @30Hz)
USB 3.0ポート 4(うち1つはEZ Charger)
Gigabit Ethernet 1(Realtek RTL8111H Gigabit LAN)
オーディオジャック 1
赤外線センサー 1(フロントパネル)
対応OS Windows 10 Home 64bit
Windows8.1 64bit(UEFI)
Windows7 64bit

 

Intel Broadwell-Y SoC、Core M-5Y10c Processor搭載しています。2コア/4スレッド、ターボ・ブースト時の最大周波数は2GHzとなり、マルチタスク環境下において優れた処理能力を発揮します。

4k-qfhd

CPUに統合された内蔵GPU機能、「Intel HD Graphics 5300」により、4K高解像度出力に対応します。

容量4GBで低電圧で動作するDDR3Lメモリ、有線接続のギガビットLAN、高速ワイヤレス通信が可能なWi-Fi 802.11ac、Bluetooth 4.0を搭載。

映像出力端子HDMI×2搭載し、同時出力によるデュアルモニタに対応、M.2 2280スロットとMicro SDカードリーダーポートを備えています。

LIVA-Core-10

LIVA X2ではM.2スロットはSATA接続のみでしたが、このLIVA coreではPCIeもサポートするようになりました。

 

発売日は10月10日。価格は定価で5万4864円です。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ASUSTeKよりRadeon R9 Fury / 390X / 390グラフィックスカード3モデルが発売
NEXT
IODATAからPS4/PS3対応SSD「SSD-3Sシリーズ」が発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。