公安9課

*

1万円以内で256GBのSSDが買える!コスパ抜群・安価な2.5インチSSDまとめ

   

CrucialMX200-5

1万円以内で256GBのSSDが買える!コスパ抜群・安価な2.5インチSSDまとめ。

はじめに

CrucialMX200-4

SSDとはフラッシュメモリを記憶装置として用いたストレージのこと。基本的にデスクトップパソコン・ノートパソコン内にHDDが納まるスペースがあればSSDに交換するだけで搭載できます。そんなこと知ってるわという人も知らない人も、まずは基本について振り返ってみましょう。

SSDのメリット・デメリット

SSDのメリットは、HDDよりも高速なデータ通信が可能であること、物理的な可動箇所がないので省電力、動作音がしないので静か、振動や衝撃に強いことが挙げられます。逆にデメリットは、HDDよりも値段が高い事、サーバーやデータベースなどの用途では寿命が短くなる場合があること、故障時のデータ復旧が困難ということが挙げられます。

SSDはデータ転送が高速

速度1
HDDとSSDの速度の比較です。見て分かるようにSSDはHDDよりも高速にデータの読み込み(Read)・書き込み(Write)が可能なため、導入すれば体感速度が上がり、非常に快適な環境になるのは間違いありません。PCの動作が遅くなったという人はHDDからSSDへの換装を検討しましょう。 SSDにすればOSの起動やプログラムの処理速度が格段に向上します。ゲームのロード時間も短縮されるので1分1秒を争うようなFPSをしている人にも断然オススメです。

SSDの選び方

シーケンシャルアクセス性能(シーケンシャルリード・シーケンシャルライト)も重要ですが、体感速度を左右すると言われているランダムアクセス性能(ランダムリード・ランダムライト)、NANDフラッシュにも注意してSSDを選んでいきましょう。

シーケンシャルアクセス・ランダムアクセス

シーケンシャルアクセスはデータへのアクセス方法の1つであり、記憶媒体の先頭から順番に検索してアクセスすること。ランダムアクセスはアクセスしたいデータの場所をインデックスなどの位置情報を元に割り出して直接その場所にアクセスすること。

ランダムアクセスは常に記憶媒体の先頭からアクセスするシーケンシャルアクセスに比べて、はるかに高速にアクセスできるのが特徴でコンピュータにおいては主流になっています。SSDのスペック表のランダムアクセス性能の数値が高ければ高いほど良いです。

NANDフラッシュ

SSDで内部で使用されている部品、NANDフラッシュには「SLC」「MLC」「TLC」の3つのタイプがあり、SLC>MLC>TLCの順番で信頼性・耐久性があると言われています。ここでいう信頼性・耐久性というのは大雑把に言うと「壊れない」ということです。

なお、SLCは値段が高いので個人向けSSDでは採用されていません。個人向けSSDは大抵MLCかTLCであり、 最近発売されている値段の安いSSDはTLCを使用していることが多いです。TLC NANDは技術の進歩により”そこまで”信頼性・耐久性について気にする必要は無くなったようですが、それでもやはり難色を示す人はいます。私もぶっちゃけそうです。

TLC NANDが採用されているSSDといえばSamsungを真っ先に思いつく人もいるかと思いますが、最近ではCrucial BX200シリーズやIntel 540SシリーズなどのSSDでもTLC NANDを採用しています。ぶっちゃけるとメーカーが「エントリー向け(低価格)SSD」として売ってるっていうだけです。低価格のほうが売れますからね…。

SSDが高いとか言えない価格になってきている

2016年5月時点で960GBのSSDが2万4000円を切っているため、SSDが発売された当初よりもSSDの導入ハードルはかなり低くなっています。ただし、先述した通りに値段の安いSSDはTLC NANDを使用していることが多いです。

SSDを一度使えばHDDには戻れないくらい快適なので、SSDが不調になってきたら新しいSSDへと乗り換えるというのも手です。私はIntelのSSDからCrucialのSSDに乗り換えましたよ。

安価2.5インチSSDまとめ

ここでの「安価な2.5インチSSD」というのはエントリー(低価格)向けSSD」とほぼ同義であること、値段は変動するということ、TLC NANDとMLC NANDのどちらもまとめていることをご了承下さい。

5000円~1万円程度(128~256GB)

おおよそ1万円程度で購入できる「あ~これ安い」という2.5インチSSDを容量別にまとめています。

製品名 メーカー 容量 NAND 読込 書込 ランダムリード ランダムライト
【128GB未満】
SP120GBSS3S55S25FR SP 120GB TLC 520MB/s 370MB/s 43000 24000
CSSD-S6T120NMG1Q CFD(東芝) 120GB TLC 551MB/s 474MB/s
CSSD-S6T120NRG4Q CFD(東芝) 120GB TLC 550MB/s 425MB/s 81000 41000
CSSD-S6T128NHG6Z CFD(東芝) 128GB MLC 550MB/s 490MB/s
PX-128M7VC PLEXTOR 128GB TLC 560MB/s 500MB/s 97000 51000
TS120GSSD220S Transcend 120GB TLC 550MB/s 420MB/s 78000 78000
TS128GSSD370S Transcend 128GB MLC 570MB/s 170MB/s 70000 40000
MZ-750120B/IT Samsung 120GB TLC 540MB/s 520MB/s 94000 88000
SDSSDA-120G-J25 SanDisk 120GB MLC 520MB/s 180MB/s
SDSSDHII-120G-J25 SanDisk 120GB TLC 550MB/s 500MB/s 81000 80000
【256GB未満】
SP240GBSS3S55S25FR SP 240GB TLC 540MB/s 510MB/s 43000 24000
CT250MX200SSD1 Crucial 250GB MLC 555MB/s 500MB/s 100000 87000
CT240BX200SSD1 Crucial 240GB TLC 540MB/s 490MB/s 66000 78000
CSSD-S6T240NMG1Q CFD(東芝) 240GB TLC 550MB/s 520MB/s
CSSD-S6T256NHG6Z CFD(東芝) 256GB MLC 550MB/s 510MB/s
PX-256M7VC PLEXTOR 256GB TLC 560MB/s 530MB/s 98000 84000
TS256GSSD370S Transcend 256GB MLC 560MB/s 460MB/s 70000 70000
TS240GSSD220S Transcend 240GB TLC 550MB/s 450MB/s 80000 80000
MZ-750250B/IT Samsung 250GB TLC 540MB/s 520MB/s 97000 88000
SD8SBAT-256G-1122 SanDisk 256GB MLC 546MB/s 342MB/s 33000 62000
SDSSDHII-240G-J25 SanDisk 240GB TLC 550MB/s 500MB/s 91000 83000
SHSS37A/240G Kingston 240GB 非公開 560MB/s 530MB/s 93000 89000

 

【おまけ】1万円~1万後半程度(480~512GB)

製品名 メーカー 容量 NAND 読込 書込 ランダムリード ランダムライト
【512GB未満】
CT500MX200SSD1 Crucial 500GB MLC 555MB/s 500MB/s 100000 87000
CT480BX200SSD1 Crucial 480GB TLC 540MB/s 490MB/s 66000 78000
 CSSD-S6T480NMG1Q CFD(東芝) 480GB TLC 550MB/s 520MB/s
 CSSD-S6T480NRG4Q CFD(東芝) 480GB  TLC 550MB/s 520MB/s
TS480GSSD220S Transcend 480GB TLC 550MB/s 450MB/s 80000 80000
MZ-75E500B/IT Samsung 500GB TLC 540MB/s 520MB/s 98000 90000
SDSSDHII-480G-J25 SanDisk 480GB TLC 550MB/s 500MB/s 98000 83000
TRN100-25SAT3-480G OCZ 480GB TLC 550MB/s 530MB/s 90000 54000

 

1万円出せば容量256GBのSSDが買える

このリストを見てみると、値段の安いSSDがいかにTLC NANDを採用しているかが分かると思います。採用率がすごいでしょ?

容量128GB程度のSSDは5000円~7000円程度から、容量256GB未満のSSDは7000円~1万円も出せば普通に購入できてしまい、「こんなに安く買えて良いのか?」という時代になりました。NANDフラッシュが東芝製・コントローラがMarvell製という王道を征く組み合わせだと値段が高くなります。この中ではPLEXTORのSSDがそうです。

そしてそこのリストの中で最も注目したいのがCrucialのCT240BX200SSD1。Amazonの内蔵型SSDのベストセラー1位に君臨しています。Crucialは世界最大級のフラッシュストレージメーカー「Micron」のブランドの1つで、SSDにも自社製TLC NANDを搭載しています。ただしランダムアクセス性能が同容量帯の他のSSDと比べて低いです。別にTLCでも気にならないという人はこれ一択でしょう。

 

 

以上。参考になれば幸いです。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Ankerのコードレス掃除機・自動掃除ロボなどが本日・在庫限りで約50%オフで販売
NEXT
dodocoolの5ポートUSB充電器レビュー

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。