*

ファーウェイのフラッグシップスマホ「HUAWEI P9」発売。ライカと共同開発のダブルレンズカメラ搭載

   

HUAWEI P9-1

ファーウェイのフラッグシップSIMフリースマートフォン「HUAWEI P9」が発売されます。

ファーウェイ・ジャパンは2016年6月9日、ドイツの高品質カメラメーカーのライカと共同開発のダブルレンズを搭載した、フラッグシップモデルのSIMフリースマートフォン「HUAWEI P9」を税抜5万9800円で6月17日より発売することを発表しました。ファーウェイ公式オンラインストア「Vモール」楽天市場店ほか、イオンモバイル、DMM mobile、楽天モバイルなどのMVNO、家電量販店、ECサイトなどで販売されます。

HUAWEI P9のスペックは以下の通り。

製品名 HUAWEI P9
メーカー Huawei(本社:中国)
OS Android 6.0(Marshmallow)
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920×1080, IPS
CPU(SoC) Hisilicon Kirin 955
(2.5GHz×4+1.8GHz×4, オクタコア)
メインメモリ 3GB
ストレージ 32GB
カメラ(背面/前面) 1200万画素/800万画素
外部メディア規格 microSD(最大128GB)
Wifi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.2 + BLE
GPS GPS, AGPS, GLONASS, BeiDou
センサー類 加速度センサー / 近接センサー
環境光センサー/ 電子コンパス /
ホールセンサー / 指紋センサー
SIMタイプ nanoSIM×1
周波数帯[LTE Band] Band 1/2/3/4/5/6/7/8/12/17/19/20/26/28/38/39/40
対応CA(カテゴリ6) B1+B19/B3+B19/B1+B3/B1+B8/B3+B8
周波数帯[W-CDMA Band] Band 1/2/4/5/6/8/19
バッテリー容量 3000mAh
USB-typeC
連続通話時間 約1080分 (3G)
連続待受時間 約566時間 (3G)
約566時間(LTE)
幅×高さ×厚さ 約145×70.9×6.95mm
重量 約144g
本体カラー ミスティックシルバー/チタニウムグレー
製品公式

 

HUAWEI-P9

HUAWEI P9の最大の特徴は、特別に設計された高品位ライカレンズ“LEICA SUMMARIT H” を搭載したダブルレンズカメラを搭載していること。明るい開口部F2.2、広角27mmの非球面レンズで、カメラ業界で最も厳しい品質基準を持つライカ社が透明度や収差、フレアなどの光学特性を評価し、個々のレンズを厳格にスクリーニングされています。このダブルレンズと同様にソフトウェア、ハードウェアの開発までをライカ社と共同で行うことにより実現した数々の機能で、アートのような写真撮影を楽しむことができます。

本体は薄さわずか6.95mmの高級感漂うメタルユニボディに、カメラの突起もない完全フラットな美しいシルエット、独自のサンドブラスト処理による洗練された外観と心地よい感触、エッジ部分のダブルダイヤモンドカットもポイントです。また、デザイン性だけでなく流線型とラウンドコーナーにより手にフィットしやすい設計になっています。

さらに、5.2インチの高精細な フルHD画面は、NTSC比96%の広色域と500nitsの明るさにより写真の美しさをそのままに再現するだけでなく、べゼル幅1.7mmの超狭額縁設 計により画面の存在感をより感じることができ、カメラ撮影だけでなくゲームや映画など様々なシーンで楽しむことができます。

指紋の立体的な情報まで照合できる3D指紋認証に対応し、個人情報を保護します。また、消灯画面の状態からセンサーに軽く指を触れるだけで、約0.5秒以 内に素早く認証および画面ロック解除するので、パスワード入力の煩わしさから解放してくれます。

アプリやゲーム、映画などマルチタスクの状態でもサクサク処理してくれる、最先端オクタコアチップセットHiSilicon製HUAWEI Kirin955は、最新16nm FinFET Plusの製造プロセスとARM Cortex-A72 CPUコアやMali T880 GPUの採用により、当社昨年のフラグシップHUAWEI P8と比較して85%アップしたパフォーマンスと70%アップした省電力性を実現しております。この高い電力効率に加え、3000mAhの大量バッテリーにより標準的な使い方で1.7日、ヘビーユーザーでも約1.2日も使えるため、電池切れの心配も少ないです。

HUAWEI P9はSIMフリースマートフォンとしては珍しく、下り最大速度262.5Mbps(現在の日本国内での理論最大値)のLTE Cat.6キャリアアグリゲーションに対応しており、高速で快適なLTE通信を利用できます。動画ファイルのダウンロード時間が平均で約40%も短縮されます。

 

グローバル版では本体カラーはヘイズゴールド、セラミックホワイト、ローズゴールドなど魅力的なカラーラインナップが展開されていますが、残念ながら日本ではミスティックシルバーとチタニウムグレーの2色のみとなります。そして何よりも一番のネックは本体価格の高さ。税抜5万9800円と結構高めの価格設定になっており、日本のSIMフリースマートフォン市場は3万円台の製品が主流になっているので、安定して売れるかどうか微妙なところです。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
NifMoで「HUAWEI P9lite」の予約受付開始。キャッシュバックもあり
NEXT
「HUAWEI P9」「HUAWEI P9lite」スペック比較

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。