公安9課

*

ファーウェイのSIMフリースマートフォン「HUAWEI nova」レビュー

    [最終更新日]2017/03/15 15:43

HUAWEI nova-18

ファーウェイ・ジャパンのSIMフリースマートフォン「HUAWEI nova」レビュー。

HUAWEI nova フォトレビュー

遅ればせながらHUAWEI novaのシルバーを購入したので簡単にレビュー。

HUAWEI nova-1

外箱。HUAWEI nova-2

HUAWEI nova本体、純正保護ケース、ACアダプタ、USB type-Cケーブル、イヤホン、SIMピン、クイックスタートガイドや保証書が同梱されています。

HUAWEI nova-7

HUAWEI nova-4

前面。

HUAWEI nova-5

HUAWEI nova-6

背面。

HUAWEI nova-19

フレームは金属製。

HUAWEI nova-17

背面はエッジに向かって少しカーブしています。

HUAWEI nova-15

上面にはイヤホンジャック。

HUAWEI nova-12

底面にはスピーカーとUSB type-Cコネクタ。USB type-Cコネクタはリバーシブルなのでコネクタの向きに関係なく挿すことが出来ます。

充電時に「あれ?コネクタの向きどっちだっけ?」というストレスがありません。

HUAWEI nova-16

右側面にはボリュームキーと電源ボタン。

HUAWEI nova-24.

左側面にはボタン類はなし。SIMスロットがあります。

HUAWEI nova-13

背面にはカメラと指紋センサー。指紋を登録することで指紋認証が可能です。

HUAWEI nova-9

HUAWEI novaはnanoSIMスロットを2つ搭載。なおSIMスロット2側(画像左側)はmicroSDカードスロットとの排他仕様になっています。

microSDカードを使うとnanoSIMスロットが使えなくなります。HUAWEI novaをデュアルSIMデュアルスタンバイで運用したいという人はmicroSDカードは使えません。

HUAWEI nova-18

セットアップ終了後の画面。

純正保護ケースも付属

HUAWEI nova-21

HUAWEI nova-22

HUAWEI nova-23.

HUAWEI novaにはプラスチック製の純正保護ケースが付属しています。良いケースが見つかるまでの繋ぎとして使うのがよさそうです。

このケースがちょっと固いといいますか、着脱時にエッジに傷が入りそうな感じがするので気になる人は使わないほうがいいかも…。

HUAWEI nova スペック

製品名 HUAWEI nova
OS Android 6.0
ディスプレイ 5.0インチ
1920×1080, FullHD
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 625
メインメモリ 3GB
ストレージ 32GB
カメラ(背面/前面) メイン1200万画素
イン800万画素
外部メディア規格 microSD/最大128GB
Wifi IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.1
SIMタイプ nanoSIM×2
デュアルSIM
LTE+3G同時待受対応
ネットワーク周波数帯
(LTE)
Band 1, 3, 5, 7, 8, 18, 19, 28, 38, 40
B1+B19のCA対応
B1+B18のCA対応予定
au VoLTE対応予定
ネットワーク周波数帯
(W-CDMA)
Band 1, 5, 6, 8, 19
バッテリー容量 3020mAh
USB type-C
急速充電(5V/2A)対応
本体サイズ 約141.2mm×69.1mm×7.1mm
重量 約146g
製品公式 HUAWEI novaスマートフォン | 携帯電話 | HUAWEIグローバル

 

HUAWEI novaは5.0インチFullHDディスプレイ、Snapdragon 625、メモリ3GB、ストレージ32GB、1200万画素のメインカメラ、デュアルSIMデュアルスタンバイ、SIMフリースマートフォン。

ドコモ回線・au回線はもちろんのこと、Y!mobile回線でも利用することができます。au VoLTEは今後実施されるアップデートにより対応予定となっています。

HUAWEI novaの定価は3万7980円。

AnTuTu Benchmark

Screenshot_2017-03-05-19-49-56

AnTuTu Benchmarkのスコアは62748。3Dが12627、UXが24892、CPUが19706、RAMが5523。

HUAWEI novaとZenFone 3との比較

Screenshot_2017-03-05-19-49-56

HUAWEI nova

screenshot_20161007-165810

ZenFone 3

ZenFone 3のスコアとの比較。どちらもSnapdragon 625、メモリ3GB、ストレージ32GBだからか大体同じくらいの性能ですね。というわけで、外装なりメーカーなり好みで選べばいいと思います。

HUAWEI novaは定価3万7800円、ZenFone 3は定価3万9800円です。差額2000円でどこに差を見つけるかですね。ちなみにZenFone 3は九州新幹線の車内で盗られました。

指紋認証とパターン認証の共存が出来ない

Screenshot_2017-03-05-20-49-49

指紋センサーの精度はいいんですが、残念ながら指紋認証はPINロックおよびパスワードロックと一緒にのみ使用できるようになっています。

つまり指紋認証+パターンが利用できないわけです。個人的に利用できるようにしてほしいんですがどうにかなりませんかね…

初期ストレージ残り容量

Screenshot_2017-03-06-22-13-06

初期ストレージ残り容量は約22GBでした。

長いページをスクショしたい時には「スクロールショット」が便利

よく1ページ内で何回もスクショを撮るという人にオススメしたいのがスクロールショット機能。

勝手に下にスクロールしていくので、任意の場所で止めればそこまでスクショしてくれます。よくメモアプリ画面のスクショを撮ってTwitterにアップしているような人がいますが、スクロールショットを使えば画像1つで済みます。

急速充電に対応も急速充電できているかは分からない

HUAWEI novaは5V/2Aの急速充電に対応していますが、充電中に急速充電かどうか判別する方法はありません。

ETWSに対応

Screenshot_2017-03-07-20-35-42

地震津波警報システム/ETWSに対応しています。「設定」→「その他」→「緊急速報メール」→「メニュー」→「設定」の「ETWS」にチェックを入れることで受信するようになります。

カメラレビュー(後日掲載予定)

今度上京した時に写真撮りますので許してください!お願いします!なんでもしますから!

その他所感

  • 標準IMEのiWnnがクソ使いにくい
  • 指紋認証の精度は良い

 

NifMoのHUAWEI nova申し込みで最大2万1000円キャッシュバック

NifMoでは2017年3月31日まで、スマホとSIMがセットになった「スマホセット」で申し込むと最大2万1000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

NifMoでのHUAWEI novaの販売価格は、一括3万3334円、24回分割払いは月額1389円。

メーカー定価の3万7980円よりも安く購入できますし、キャッシュバックがあるので実質的な負担も軽くなります、本体と同時に格安SIMの契約を検討している人はNifMoをオススメします。

NifMoのキャッシュバックキャンペーン専用ページ(スマホセット)の申込みはこちらから!




Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!

公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事