公安9課

*

ファーウェイのタブレット「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro & T2 10.0 Pro」発売

    [最終更新日]2016/07/02 00:04

HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro

ファーウェイのタブレット「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro & T2 10.0 Pro」が発売されます。

ファーウェイ・ジャパンは2016年6月16日、7インチタブレット「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」を7月8日に、10インチタブレット「HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro」を6月24日発売することを発表しました。価格はいずれも税抜2万4980円。

スペックは以下の通り。

HUAWEI MediaPad T2 7.0-10.0-pro-spec

HUAWEI MediaPad T2 7.0-10.0-pro-1

いずれも1920×1200ドットの高精細IPSディスプレイを採用。ファーウェイ独自の画像最適化技術「ClariVu」によって、色の彩度が最大20%強化され、豊かで鮮やかな表現が可能になりました。目をダメージから守るブルーライトカット機能や、太陽の下でも見やすいように輝度とコントラストを自動で最適に調整する機能などを搭載しています。

高速な処理性能を持つオクタコアプロセッサのSnapdragon 615、メモリ2GBを搭載しているので、マルチタスクの状況でもスムーズな操作が可能。また、内蔵する高性能動画再生エンジンはFull-HD 60フレーム/秒で、なめらかな動画再生を可能にします。ストレージは16GBでmicroSDカードスロットも搭載しています。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proのバッテリー容量は4360mAh。ファーウェイ独自の節電技術を備えているので、ヘビーユーザーでも約1.5日楽しめます。メインカメラ1300万画素、インカメラ500万画素。

WiFiはIEEE802.11 b/g/nと2.4GHz帯のみの対応で、BluetoothはBluetooth 4.0。LTEでの通信に対応しており、LTE Band 1, 3, 8, 19, 26, 28, 41, W-CDMA Band 1, 6, 8, 19に対応。docomoのプラチナバンドやFOMAプラスエリアで通信が可能。

また、指紋センサーを搭載しているのでロック解除はもちろん、アラームの停止や電話を受けるといった操作も可能。自動学習・改善機能を持ち、使えば使うほど、早くスムーズな操作を実現します。

HUAWEI MediaPad T2 10.0 Proはのバッテリー容量は、更に容量の大きい6660mAhなので、13時間の動画再生・11時間のウェブ閲覧が可能で、外出先でも安心して利用できます。メインカメラ800万画素、インカメラ200万画素。

WiFiはIEEE802.11 a/b/g/n/acと2.4&5.0GHz帯に対応、BletoothはBluetooth 4.1、LTEでの通信は非対応。WiFiモデルの方がWiFiおよびBluetooth周りのスペックは上です。サラウンドステレオスピーカーを搭載しており、両サイドに装備したスピーカーと、ファーウェイ独自のサラウンドシステム(SWS 2.0)の相乗効果で、迫力のある音を楽しめます。

 

情報元 : Huawei – MediaPad T2 7.0 Pro – タブレット – 機能
情報元 : Huawei – MediaPad T2 10.0 Pro – タブレット – 機能



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
どこが進化した?WiMAX 2+モバイルルーター「W02」「W01」スペック比較
NEXT
Speed Wi-Fi NEXT WX02に新色「マゼンタ」が追加。6月24日発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。