公安9課

*

ファーウェイ初の2in1 PC「MateBook」が日本でも7月15日に発売へ

   

HUAWEIーMateBook

ファーウェイ初の2in1 PC「MateBook」が日本でも7月15日に発売されます。

ファーウェイ・ジャパンは2016年7月4日、ファーウェイ初となる2in1 PC「MateBook」を日本市場で発売することを発表しました。Core m3/m5を搭載したモデルは7月15日に発売開始予定で、Core m7を搭載したモデルは2016年8月以降発売予定です。ファーウェイ・オンラインストア他、家電量販店やAmazon、NTT-X StoreなどのECサイトで販売されます。

HUAWEIーMateBook-lineup

MateBookのラインナップは以上の通り。コンシューマ向けとしてはCore m3-6Y30/メモリ4GB/ストレージ128GB/グレーのモデルが6万9800円、、Core m3-6Y54/メモリ4GB/ストレージ128GB/グレー・ゴールドのモデルが9万8800円、Core m5-6Y54/メモリ8GB/ストレージ256G/グレー・ゴールドモデルが10万9800円で発売されます。

HUAWEIーMateBook-1

 

MateBookは12インチIPS液晶ディスプレイを使用したマルチタッチ対応パネルを搭載。解像度は2160×1440で、NTSC 85%の高い色の再現性と表現力を実現します。OSはWindows 10 HomeまたはProの64bit版、CPUにはIntelの第6世代Core mプロセッサを搭載。最大8GBまでのLPDDR3メモリ、最大512GBまでのM.2 SSDを搭載しています。ネットワークはIEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.5/5GHz)、Bluetooth 4.1。ステレオスピーカー、デュアルマイク、500万画素フロントカメラを搭載。インターフェースはヘッドフォンジャック×1, USB3.0 type-Cポート×1のみ。本体サイズは278.8×194.1×6.9mm、重量は640g。本体カラーはゴールドまたはグレー。

キーボードのキー表面は人間工学を取り入れたカーブデザインになっており、ストロークは1.5mm。防滴仕様になっているのでカフェや屋外など色々なシーンで安心して使用可能です。

バッテリーは33.7Whの高密度リチウム電池が約10時間の使用、9時間連続のインターネット使用、29時間の音楽再生が可能。またファーウェイ独自の省エネルギーテクノロジーにより、たった2.5時間でフルに充電が可能、充電時間がない際は1時間の充電時間で60%まで充電を可能にし、多忙なビジネスユーザーをサポートします。

HUAWEIーMateBook-option

MateBookのオプションラインナップは以上の通り。

キーボードのカラーはブラウン、ブラック、ベージュ、オレンジの4色。価格は1万4800円。

多機能拡張ドックの「MateDock」は、本体のUSB3.0 type-Cコネクタと接続することでVGA、HDMI、有線LAN、USB3.0 type-A/Cポートそれぞれ1つずつ拡張可能です。価格は9800円。

「MatePen」は2048段階の筆圧検知に対応、ペン先の繊細で多様な動きを遅れることなく、敏感に読み取ります。絵を描く、数学機能、プレゼンテーション時のレーザーポインター機能を備え、高度なビジネス用途にも対応しています。価格は7800円。

 

 

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Speed Wi-Fi NEXT W03が発表。W02,W01との比較も
NEXT
IIJmioの格安スマホが郵便局設置のカタログで8月1日より販売開始

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。