公安9課

*

gooSimsellerで「ZenFone Max」取扱開始。3月下旬以降出荷予定

   

ZenFone-Max-1

gooSimsellerで「ZenFone Max」の取扱が開始されています。

NTTレゾナントは2016年3月14日、ASUSのSIMフリースマートフォン「ZenFone Max(ZC550KL)」を3万24円で3月14日10時から販売受付を開始すると発表しました。

gooSimsellerではさまざまなユーザーのニーズを反映した端末を揃えていますが「スマホに変えたいけどバッテリー持ちが気になる」「モバイルバッテリーも持ち歩くのが大変」という声に応え、圧倒的な大容量5000mAhバッテリーを搭載したZenFone Maxを用意したとのこと。

スペックは以下の通り。

製品名 ZenFone Max
型番 ZC550KL
OS Android 5.0.2 + Zen UI
ディスプレイ 5.5インチ (1280×720)IPS
Corning Gorilla Glass 4
10点マルチタッチスクリーン
プロセッサ Snapdragon 410
(1.2GHz, クアッドコア)
メインメモリ(LPDDR3) 2GB
ストレージ 16GB
カメラ(背面/前面) 1300万画素/500万画素
レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ
外部メディア規格 microSD/128GBまで認識
(microSDXC, microSDHC, microSD)
Wifi IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.1
GPS あり
センサー類 電子コンパス / 光センサー
加速度センサー / 近接センサー
磁気センサー
SIMタイプ microSIM×2(デュアルSIM)
※日本国内では2スロット同時使用不可
ネットワーク周波数帯 [LTE] Band 1, 3, 5, 6, 8, 9, 18, 19 28
[W-CDMA] Band 1, 2, 5, 6, 8, 19
[GSM] 850, 900, 1800, 1900
バッテリー容量 5000mAh
連続通話時間 約2258分(3G)
連続待受時間 約914.4時間(3G)
約683.6時間(LTE)
高さ×幅×奥行 約156mm×77.5mm×5.2~10.55mm
重量 202g
定価価格(税込) 3万24円
本体カラー ホワイト/ブラック
製品公式 ZenFone Max (ZC550KL) | スマートフォン | ASUS 日本

 

ZenFone Maxはタブレット並みの5000mAhの大容量バッテリーを搭載し、3G接続時で約38日間(約914.4時間)、LTE接続時で約28日間(約683.6時間)の圧倒的な連続待受時間を実現しました。連続待受時間だけでなく、連続通話時間でも3G接続時で約37.6時間(約2258分)ものバッテリー駆動時間を実現しており、今までのスマートフォンとは違い、バッテリー残量を気にせず思いっきり使用できます。また、他のスマホや機器などにモバイルバッテリーのように分け与えて充電することが可能です。

注文時には付属されるOCNモバイルONEのSIMパッケージを選択しないといけませんが、OCNモバイルONEとの契約を考えている人は初期費用の3240円がチャラになるのでお得ですし、不要な人は届いたらそのまま捨てても構いません。SIMパッケージがあるからといって必ず契約しないといけないわけではありません。

 

gooSimsellerのZenFone Maxの購入は以下のリンクから。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ASUSのエントリー向けSIMフリースマホ「ZenFone Go(ZB551KL)」スペックまとめ
NEXT
auのデータ定額サービス「データ定額1」が3月23日提供開始

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。