公安9課

*

gooSimsellerでデュアルスタンバイ対応の「Moto G4 Plus」販売開始

   

Moto G4 Plus

gooSimsellerでデュアルスタンバイ対応の「Moto G4 Plus」の販売が開始されています。

NTTレゾナントは2016年8月2日、モトローラ・モビリティ・ジャパンのSIMフリースマートフォン「Moto G4 Plus」を税抜3万35800円でNTTコムストア by gooSimsellerにて8月2日10時より販売受付位を介ししたと発表しました。OCNモバイルONEのパッケージもセットで提供されます。

取り扱われるMoto G4 Plusはメモリ3GB/ストレージ32GBモデルで、スペックの詳細は以下の通り。

プラットフォーム Android6.0.1
プロセッサー名 QualcommR Snapdragon 617 (MSM8952)
1.5GHz オクタコア CPU
Adreno 405 ,550 MHz GPU
メモリ(RAM/ROM) 3GB/32GB
外部メディア規格 microSD
外部メディア最大容量 128GB
液晶ディスプレイ 5.5インチ/1920×1080(Full-HD) ,401ppi
CORNINGR GORILLAR GLASS 3
カメラ(アウト/イン) 1600万画素/500万画素
通信方式(LTE) B1(2100) / B3(1800) / B5(850) / B7(2600) / B8(900)
B19(850) / B20(800) / B28(700) / TDLTE 840
通信方式(W-CDMA) B1(2100) / B2(1900) / B5(850) / B8(900) / B19(800)
通信方式(GSM) 850, 900, 1800, 1900
Wi-Fi 802.11a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth BluetoothR 4.0LE+EDR
インターフェース microUSB / microSDカードスロット / イヤホンマイクジャック
SIMカード microSIM(同梱のメーカー純正SIMアダプタによりnanoSIMも利用可能)
デュアルSIMスロット(両スロットLTEサポート/DSDS)
バッテリー容量 3,000mAh TurboPower
センサー 指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、環境光センサー
近接センサー、センサーHub
サイズ 約152.9mm x 76.5mm x 7.87mm(カメラ部:9.78mm)
質量 約157g

 

Moto-G4-Plus-2

Moto G4 PlusはAndroid 6.0.1、5.5インチFullHD(1920×1080)ディスプレイ、Snapdragon 617、メモリ3GB、ストレージ32GBを搭載。カメラはレーザーオートフォーカスを備えた1600万画素のカメラを搭載。指紋認証によるセキュリティと迅速なロック解除、約15分の充電で最長6時間の駆動を実現する「Turbo Power」などを搭載しています。

SIMスロットはmicroSIM×2で、同梱のメーカー純正SIMアダプタによりmicroSIM化も可能。また、両方のSIMスロットがLTEをサポート、 DualSim/DualStandbyに対応しており、4G(LTE)+3G(W-CDMA)同時待ち受けが可能です。

 

注文時には付属されるOCNモバイルONEのSIMパッケージを選択しないといけませんが、OCNモバイルONEとの契約を考えている人は初期費用の3240円がチャラになるのでお得ですし、不要な人は届いたらそのまま捨てても構いません。SIMパッケージがあるからといって必ず契約しないといけないわけではありません。

 

gooSimsellerのMoto G4 Plusの購入は以下のリンクから。

 

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
【2016年版】Windows 10におけるSSDの設定方法と最適化
NEXT
ASRockのデスクトップ向けCPU搭載可能な小型ベアボーン「DeskMini 110」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。