公安9課

*

GIGABYTE Z170-SOC Forceの写真

   

GIGABYTE Z170-SOC Forceの写真をいくつか紹介します。

80a

GIGABYTE Z170-SOC Forceはオーバークロッカーを対象としたソケットLGA1151のマザーボード。Z97マザーボードでも「GA-Z97X SOC Force」という製品がありましたね。

ちなみにSOCとはSuper Over Clockの略なのではないかと言われています。

80c

フォームファクタはATXで、CPUはLGA1151ソケットのSkylake世代CPUを搭載可能、CPUの電源フェーズ数はなんと24。

80d

メモリスロットは3つでDDR4-3200までサポートし、メモリは最大64GBまで認識。オンボードで電源ボタンやOC制御のためのボタン類があるのが分かります。

80e

SATA Expressコネクタ(16Gb/s)3つ、そしてSATA3ポート(6Gb/s)はなんと8個あります。画像の真ん中よりも少し上にM.2スロット(32Gb/s)が3つあるのが分かりますね。

80a

拡張スロットはPCI-Express 3.0 x16スロットが4つ、PCI-Express 3.0 x1スロットが4つ。

80f

バックパネルには映像出力端子としてDVI, HDMI, miniDisplayPortが1つずつ搭載されています。他にもUSB3.0ポートが4つ、USB2.0ポートが2つ、詳細のよく分からないUSBポートが2つ。Gigabit Ethernet LANやオーディオジャックもあります。

 

こういうオーバークロッカー向けマザーボードはなかなか縁がないんですよね。そもそもまともにオーバークロックしたこともないので…。

 

 

 

情報元 : GIGABYTE Z170-SOC Force Motherboard Pictured | techPowerUp



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Core i7-6700Kが空冷OCで5.2Ghzに到達!
NEXT
Windows 10の無償アップグレードの予約を4クリックで取り消す(Win7HP)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。