公安9課

*

1936MHzのGIGABYTEのGTX1080グラボ「GV-N1080XTREME GAMING-8GD-PP」発売

   

GV-N1080XTREME GAMING-8GD-PP

最大1936MHz駆動するGIGABYTEのGTX1080グラボ「GV-N1080XTREME GAMING-8GD-PP」が発売されます。

CFDは2016年6月22日、GIGABYTE社製グラフィックスボード「GV-N1080XTREME GAMING-8GD-PP」の取り扱い開始を発表しました。店頭想定売価は税別10万円前後、出荷は2016年6月下旬を予定しています。

GV-N1080XTREME GAMING-8GD-PPのスペックは以下の通り。

型番 GV-N1080XTREME GAMING-8GD-PP
GPU GEFORCE GTX 1080
コアクロック 【OC mode】Boost: 1936 MHz / Base: 1784 MHz
【Gaming mode】Boost: 1898 MHz / Base: 1759 MHz
メモリクロック 【OC mode】10416 MHz
【Gaming mode】10211 MHz
ビット幅 256bit
メモリサイズ 8GB
メモリタイプ GDDR5X
出力 【Standard mode】Dual-link DVI-D x1、DP x3、HDMI x1
【VR mode】Dual-link DVI-D x1、DP x1、HDMI x3
最大解像度 7680×4320(Digital)
バス PCI-EXPRESSx16(3.0)
冷却 空冷ファン(WINDFORCE 3X)
補助電源 8pin x2
本体寸法 55 x 295 x 111 mm
保証期間 1年
製品公式 GIGABYTE – Graphics Card – NVIDIA – PCI Express Solution – GeForce GTX 10 Series – GeForce GTX 1080 Xtreme Gaming Premium Pack

GV-N1080XTREME GAMING-8GD-PP:GIGABYTE NVIDIA GEFORCE GTX 1080 搭載 グラフィックボード | CFD販売株式会社 CFD Sales INC.

 

GV-N1080XTREME GAMING-8GD-PP-1

GV-N1080XTREME GAMING-8GD-PPはWINDFORCE stack 3X cooling systemを採用しており、100mm x3のスタックファン、オリジナルデザインブレード、ダブルボールベアリング構造、角度のあるフィンデザイン、6本のダイレクトタッチヒートパイプなどの冷却システムが一体となり、より高い放熱性能を発揮しています。

部品には高品質のパフォーマンスと長いシステム寿命を提供するために、TITAN Xのものと同じ最高級のチョークコイルやコンデンサを使用して設計されています。また、「XTREME PROTECTION」が埃やネジの落下・湿度・腐食から基盤を守ります。

コアクロックはOC modeがベースクロック1784MHz、ブーストクロック1936MHz。Gaming modeがベースクロック1759MHz、ブーストクロック1898MHz。

また、「XTREME VR LINK」機能が搭載されており、Standard modeかVR modeかで使える端子が異なります。カード後部に2基のHDMI端子を設けたもので、ここからフロントパネルへと映像信号を出力することで、PCの前面から簡単にVRヘッドセットの着脱が可能になります。PC起動時の出力状態によりモードは自動的に検出されます。

 

値段は10万前後と高いですがブーストクロック1936MHzというのは非常に魅力的ですね。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ZOTACのGTX1080/1070搭載OCグラボ「AMP Edition」2製品が発売
NEXT
In Winより150W電源内蔵のMini-ITXケース「CHOPIN」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。