公安9課

*

Windows 10 Proプリイン済のThunderbolt 3搭載BRIX「GB-BSi7HT-6500-QA-BW」発売

   

gb-bsi7ht-6500

Windows 10 Proプリイン済のThunderbolt 3搭載BRIX「GB-BSi7HT-6500-QA-BW」が発売されます。

日本ギガバイトは2016年10月11日、Windows 10 Proをプリインストールし、Thunderbolt 3に対応したBRIX「GB-BSi7HT-6500-QA-BW」を10月15日より国内正規代理店を通じ販売することを発表しました。希望小売価格は12万円前後。

型番 GB-BSi7HT-6500-QA-BW
CPU インテル Core i7-6500U (2.5GHz / 3.1GHz)
メモリ SO-DIMM DDR4 2133MHz 4GB
(空きスロット1、最大実装32GB)
ストレージ 1×M.2 120GB (OSインストール済)
1×2.5”SSD/HDD (7/9.5mm 厚)を増設可能
1×Micro SDカード (*側面スロット)
有線LAN 1×インテル ギガビットLAN x1
無線LAN インテル® HD Graphics
オーディオ Realtek ALC255
GPU インテル Windows 10 Pro 64bit 日本語版
ディスプレイ端子 1x Mini DP, 1x HDMI
DP 解像度(最大) 3840 x 2160 @ 60 Hz (HDMI も同様)
インターフェース 1 x USB 3.1 (Type C; Thunderbolt 3 対応)
4 x USB 3.0
1 x LAN ポート
1 x 電源ポート
1 x オーディオ出力
1 x マイク入力
1 x SD カードスロット
1 x ケンジントンロックスロット
対応OS Windows 10 Pro 64Bit 搭載
AC アダプタ 入力: AC 100-240V
出力: DC 19V / 4.74A
VESA VESA マウント用ブラケット付属
(75 x 75mm + 100 x 100mm)
外形寸法 46.8 x 112.6 x 119.4mm

 

GB-BSi7HT-6500-QA-BWはWindows 10 Pro 64bitがプリインストールされ、更にM.2 SSD 120GBとDDR4-2133メモリ4GB×1枚も付属しているため、スペックを気にする人でなければすぐに使い始めることも可能です。メモリを増やしたり2.5インチSSD/HDDを増設するのもいいですね。

HDMIとminiDisplayPortを搭載しているためデュアルディスプレイ出力が可能です。産業用PC、デジタルサイネージ用途にも最適です。

Thunderbolt 3が使用可能なUSB type-Cコネクタをバックパネルに搭載しています。Thunderbolt 3は前世代の2倍である最大40GB/sの帯域を活用でき、4K 60Hz表示が可能なDisplayPort 1.2やUSB3.0および2.0と互換性のあるUSB3.1に対応しています。さらに、USB type-Cポート経由でThunderbolt 3は最大6デバイスまでのデイジーチェーン接続が可能です。

 

メモリ、M.2 SSD、OSがついてくるとはいえ12万前後は高いです。普通にBRIX単体+メモリ+M.2 SSD+OSで調達したほうがトータルで安く済みます。色々考えるのが面倒だと言う人はこれを購入すればいいと思いますけど。

情報元 : GIGABYTE、Windows 10 Pro搭載Thunderbolt3対応BRIXを発売開始



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
WD初のコンシューマ向け2.5インチ/M.2 SSD「WD Blue/WD Green SSD」発表
NEXT
iPhoneのSuicaで利用できないサービスと注意点

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。