公安9課

*

GIGABYTE BRIX S GB-BXi7H-5500のレビューが掲載

    [最終更新日]2015/02/12 16:30

 Hあり

GIGABYTE BRIX S BXi7H-5500のレビューが掲載されています。

GB-BXi7H-5500GB-BXi7H-5500はCore i7-5500Uを搭載した「BRIX S」の最上位モデル(画像中央)。「BRIX」はmSATA SSDのみのサポートですが、「BRIX S」はmSATA SSDと2.5インチのSSD/HDDをサポートしています。

GB-BXi7H-5500スペック

topBRIX Sの上部には電源ボタンとNFCのロゴあり。ちなみにこのケースの素材は簡単に傷が入ってしまうようです。

製品名 GB-BXi7-5500
CPU Core i7-5500U
グラフィック HD Graphics 5500
メモリ DDR3L-1600/1333(S.O.DIMM)
メモリスロット数 2(最大16GBまで認識)
ストレージ mSATA×1(mSATA SSD搭載可)
2.5インチSATA3×1
拡張スロット(M.2 2230) Wifi + BTカード装着済
Intel 3160NGW(IEEE 802.11ac, BlueTooth 4.0)
【搭載ポート】
HDMI(1.4a) 1(4096×2304 @24Hz)
miniDisplayPort(1.2) 1(3840×2160 @60Hz)
USB 3.0ポート 4(フロント2, リア2)
Gigabit Ethernet 1(Realtek RTL8111G)
オーディオジャック 1(Realtek ALC283)
NFC サポート
GIGABYTE公式 GB-BXi7-5500

 

内部

    内部4つの長いネジを取り外すことで分解可能。Intel 3160NGWが既に搭載されています。mSATA SSDもしくは2.5インチのSSD/HDD、DDR3Lメモリを購入して組み込む必要があります。
mSATA memoryGIGABYTE側がKingstonのDDR3L-1600の4GBメモリとmSATA SSD 120GBをあらかじめ組み込んでいたようです。この2つはGIGBYTEのBRIX公式のサポートリストに含まれているもので動作が保証されています。M.2 ワイヤレスカードはmSATA SSDの下に位置しています。ワイヤレスカードの隣のリボンケーブルはケース上部にあるNFCのためのもの。
2.5インチ2.5インチベイはBRIXの底の金属板にマウントして取り付ける仕様。独自のSATAコネクタはマザーボードのメモリスロットの上から伸びています。mSATA SSDにOSをインストールしてシステムドライブとして、2.5インチHDDを搭載してデータ用ドライブとして利用するといった組み合わせも可能。このレビューではSeagateのSSHDであるST1000LM014を搭載しています。
fanメモリスロットなどが搭載されているマザーボードの裏側にCPUを冷却するためのヒートシンクとファンがあります。

ベンチマーク

Cinebench singleCinebench multi3DMark CloudGate3DMark CloudGate Physics Handbrakepowerベンチマーク結果と消費電力の比較は以上の通り。Core i7-5500Uは性能が高いですがその分消費電力も高くなるという結果となりました。トレードオフですね。騒音に関してはBRIX Proと比べると内部のファンがの音がわずかに聞こえるだけでかなり静かなようです。

 

日本では2015年2月下旬発売予定。

情報元 : Gigabyte BRIX S BXi7H-5500 Broadwell Ultra Compact PC Review | PC Perspective



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
【GIGABYTE】GA-H97-D3H GA-H97-HD3スペック比較
NEXT
「cheero Ingress Power Cube 12000 mAh」本日から予約販売開始

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。