公安9課

*

GA-Z170X-Gaming 7 vs GA-Z170X-Gaming 5 vs GA-Z170X-Gaming 3 スペック比較

   

GA-Z170X-Gaming 7 GA-Z170X-Gaming 7 vs GA-Z170X-Gaming 5 vs GA-Z170X-Gaming 3 スペック比較。

スペック比較

製品名 GA-Z170X-Gaming 7 GA-Z170X-Gaming 5 GA-Z170X-Gaming 3
チップセット Z170チップセット
フォームファクタ ATX
CPU Intel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron
ソケット LGA1151
メモリ DDR4-3600+/3200/2933/2800/2400/2133
(DDR4-2400以上はOCでの対応、動作保証はなし)
メモリスロット数 4(最大で64GBまで認識)
【ストレージ】
SATA3ポート(Z170) 6 6 6
SATA3ポート(外部) 2
(ASMedia ASM1061)
SATA Express 3 3 3
M.2 2 2 2
【拡張スロット】
PCI Ex 3.0 x16 2 2 2
PCI Ex 3.0 x4 1 1 1
PCI Ex 3.0 x1 3 4 3
【その他】
LAN Intel I219V
Killer E2400
Intel I219V
Killer E2201
Killer E2201
オーディオ Quad-Core Creative Sound Core3D
+
Creative SBX PROSTUDIO Audio Suite
Realtek ALC1150 Realtek ALC1150
【バックパネル】
PS/2 1(keyboard/mouse combo) 1(keyboard/mouse combo) 1(keyboard/mouse combo)
DisplayPort 1 1
HDMI(2.0) 1 1 1
DVI-D 1
D-Sub 1
LAN(RJ45) 2 2 1
USB3.1 type-A 1 1 1
USB3.1 type-C 1 1 1
USB3.0 5 3 3
USB2.0 4 2
光デジタル音声出力端子 1 1 1
オーディオジャック 5 5 5
製品公式 GA-Z170X-Gaming 7 GA-Z170X-Gaming 5 GA-Z170X-Gaming 3

 

GA-Z170X-Gaming 7はゲーミング向けマザーボード「G1 Gaming」シリーズの上位モデルで、GA-Z170X-Gaming 5はミドルモデル、GA-Z170X-Gaming 3は下位モデルにあたります。

 

いずれも長寿命Durable Black 固体コンデンサを搭載

GIGABYTEマザーボードは最高品質の固体コンデンサを搭載しており、エクストリーム環境下でも最大効率を発揮します。

これにより、限界に挑戦しつつ安定性や耐久性を重視するユーザーでは安心して利用できます。CPUの負荷に関わらず、超低ESR特性を発揮いたします。これらのコンデンサーはGIGABYTEマザーボード専用の漆黒色で構成されています。

次世代SATA Expressを搭載

GIGABYTE-SATAExpress

SATA ExpressはPCI-ExpressおよびSATAの双方の利点を組み合わせ、 従来のSATA3と比べて圧倒的に速い16Gb/s帯域でのデータ転送速度を提供します。

Z97マザーボードではM.2スロットの帯域は最大10Gb/sだったので1.6倍になりました。

Dual PCIe Gen3 x4 M.2を搭載。RAID構成も可能

GIGABYTE-DualM2

PCIe Gen.3 x4で接続された2つのオンボードM.2コネクタは32Gb/s帯域を有し、PCIeおよびSATA M.2機器に対応しています。また、RAID機能を使用できます。

Z97マザーボードではM.2スロットの帯域は最大10Gb/sだったので3.2倍になりました。

GA-Z170X-Gaming 7はKiller E2400を搭載

GA-Z170X-Gaming 5はKiller E2201を、GA-Z170X-Gaming 3はKiller E2201+Intel I219Vを搭載していますが、GA-Z170X-Gaming 7はKiller E2201の上位版となるKiller E2400とIntel I219Vを搭載しています。

なお、LANポートが2つありますがチーミングはサポートしていません。

GIGABYTEの製品公式を見る限りでは、Killer E2400になったことによるメリットなどは書かれてないのでこれといって特筆すべき点はないようです…。

Killer E2400は高性能の適応型イーサネット・コントローラであり、一般的なNICよりもオンライン・ゲームや動画配信などで圧倒的な威力を発揮します。

Intel ギガビットLANはゲーマーに人気なNICであり、CPUの負荷を減らすための高度な割り込み処理やジャンボフレームに対応しています。

GA-Z170X-Gaming 7はCreativeオーディオプロセッサ搭載

GA-Z170X-Gaming 5, GA-Z170X-Gaming 3ではRealtek ALC1150を搭載していますが、GA-Z170X-Gaming 7はQuad-Core Creative Sound Core3Dオーディオ・プロセッサを搭載しています。

世界初のQuad-Core Creative Sound Core3Dオーディオ・プロセッサとCreative SBX PROSTUDIO Audio Suiteとの最強の組み合わせで、専用のオーディオプロセッサによりCPUの負荷を軽減、Creative社によるトータルパッケージ(ハード+ソフト)により、より豊かな音響体験を実現しています。

ニチコン製コンデンサも採用・オペアンプも交換可能

GIGABYTE G1ゲーミング・マザーボードは最高品質の日本ニチコン製音響用コンデンサを使用しています。これらのプロ用音響コンデンサは最高の音響解像度と深い音質を提供し、プロ・ゲーマー達にもっともリアルな戦場オーディオ環境を届けます。

オペアンプの交換も可能になっており、オーディオ品質を低コストで改善・向上が可能になっています。

HDMI1.4からHDMI2.0に

Z97マザーボードではHDMI1.4でしたが、Z170マザーボードではHDMI2.0へとバージョンアップしました。

HDMI2.0では最大4096×2160@60Hzの画面出力に対応しています。DisplayPortを使わなくても大丈夫ですね。

Intel製USB3.1コントローラを採用、USB3.1 type-A/Cポートを搭載

GIGABYTE-Intel-USB3.1-Controller

他社のマザーボードのUSB3.1コントローラはASMedia製の物がほとんどですが、この3つのマザーボードはIntel製のUSB3.1コントローラを採用しています。

GIGABYTE-Intel-USB3.1-Controller2

Intel USB3.1コントローラーはPCIe Gen3を4レーン使用、最大32Gb/sの帯域を確保します。これにより、USB3.1の1ポートにつき10Gb/sの転送速度を可能にしています。 USB3.0の2倍の転送速度を誇るUSB3.1は、従来規格のUSB Type-Aコネクタに加え、裏表リバーシブル挿入が可能なUSB Type-Cコネクタを採用し、あらゆるデバイスが接続可能です。

USB3.1 type-CポートはDisplayPort出力やThunderbolt出力として使用可能

GA-Z170X-Gaming 7とGA-Z170X-Gaming 5のバックパネルにあるUSB3.1 type-Cコネクタは、USB3.1ポートとしてはもちろんですが、DisplayPort 1.2、40Gbps Thunderboltとしても使用が可能。

GA-Z170X-Gaming 3は残念ながらUSB3.1 type-Cコネクタとしてしか使用出来ません。

 

以上、参考になれば幸いです。

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
【2015年版】WiMAX2+ 機種スペック比較
NEXT
OCZ SSD「Trion 100」シリーズスペックまとめ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。