公安9課

*

富士通とレノボがPC事業における戦略的提携を検討

   

lenovo-logo2

富士通とレノボがPC事業における戦略的提携を検討しています。

富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下、富士通)、富士通クライアントコンピューティング株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:齋藤 邦彰、以下、FCCL)、およびLenovo Group Limited(本社:中国・香港、会長兼CEO:ヤン・ヤンチン、以下、レノボ)は、グローバル市場に向けたPCの研究・開発・設計・製造に関する戦略的な提携について検討を進めていることをお知らせします。

富士通は、2016年2月1日にPC事業を分社化してFCCLを設立し、関連事業の成長に向けて様々な可能性を検討して参りました。世界最大のPCメーカー(注)であるレノボは、グローバル市場における同社のコア事業の更なる成長を目指しています。本戦略的提携は、富士通のグローバル販売力、お客様サポート力、開発および製造能力と、レノボの卓越したオペレーションを融合し、ダイナミックなグローバル市場で戦うための成功モデルを目指すものです。

富士通はこれまでと変わりなく、高品質かつ革新的で信頼性の高い富士通ブランドのPC製品とアフターサービスを世界中のお客様や販売パートナー様に提供して参ります。

富士通とレノボは、引き続き相互にとってメリットのある提携について協議を続けて参ります。また、両社は、株式会社日本政策投資(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳 正憲)と、同行による財務面および戦略面での支援について協議を進めています。詳細は決定次第発表いたします。

以上

(注)2016年4-6月期出荷台数において世界最大(出典:IDC)

富士通とレノボのプレスリリースはどちらも同じ内容のものが掲載されています。

富士通とレノボは相互にとってメリットのある提携について競技を続けるようですし、富士通ブランドのPC製品とアフターサービスはこれまでと変わりなく提供するようなので、吸収合併されてしまうことはなさそうです。

 

情報元 : 富士通およびレノボによるPC事業における戦略的提携の検討(富士通)(注)2016年4-6月期出荷台数において世界最大(出典:IDC)(Lenovo)



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
楽天モバイルで大容量プランとデータシェアサービスを提供開始へ
NEXT
楽天モバイルが口座振替に対応。11月下旬より受付開始

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。