公安9課

*

ECSの超小型ベアボーンキット「LIVA」の64GBモデルが発売

    [最終更新日]2015/01/26 23:00

LIVA

ECSの超小型ベアボーンキット「LIVA」の64GBモデルが発売されます。


今回発売されるの32GBモデルと64GBモデルの大きな違いは

  1. SoCがCeleron N2806からCeleron N2807に変更されている
  2. ストレージのeMMCが32GBから64GBに変更されている
  3. 本体の色がホワイトになっている

以上の3つ。それ以外の構成は特に変わりはありません。

LIVA2

SoC(CPU)
Celeron N2807
メモリ
DDR3L 2GB オンボード
ストレージ
eMMC 64GB オンボード
オーディオ
Realtek ALC282
LAN
Realtek 8111GS
Wi-Fi
IEEE 802.11a/b/g/n
Bluetooth
Bluetooth 4.0
USB
USB2.0 ×1, USB3.0 ×1

合計で5Wまで
I/Oインターフェース
HDMI×1

VGA(D-Sub)×1

USB2.0×1

USB3.0×1

オーディオジャック×1

電源コネクタ×1

LAN×1
サイズ
118mm × 70mm × 56mm

SoCはBay Trail-MことCeleron N2807を採用。最大TDPわずか4.3Wでファンレス設計による完全無音動作を実現しています。eMMC 64GBストレージ、DDR3Lメモリ2GBをオンボードで搭載。M.2ソケットにはIEEE 802.11a/b/g/n +Bluetooth 4.0の拡張カード、拡張カード用のアンテナなどが付属しています。

LIVAはポータブルDVDドライブ、OS(Windows 8.1Pro)と組立時に必要になるドライバーを用意すればOKなのでNUCより安く済みますがCPUにパワーが無いのであれもこれも済ませたい、ただ単純に安いからと考えている人は避けたほうがよさそうです。動画鑑賞や簡単な作業専用PCに、という使い方が一番いいでしょうね。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ASRock Z97 Anniversary レビュー
NEXT
SanDisk SSD「Extreme Pro」シリーズスペックまとめ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。