公安9課

*

MX100との比較も!Crucial SSD BX100シリーズスペックまとめ

    [最終更新日]2015/02/23 04:20

BX100

MX100との比較も!Crucial SSD BX100シリーズスペックまとめ。

スペック比較

Crucial BX100シリーズはコストパフォーマンスと性能が良いと評判だったCrucial MX100シリーズの後継にあたるモデル。

BX100シリーズと同時に発表されたCrucial MX200シリーズはM550シリーズの後継で、フラッグシップ・パフォーマンス重視モデルとして展開されます。MX200シリーズとは言ってもMX100シリーズの後継モデルではありません!
Crucial SSD MX200シリーズスペックまとめ

製品名 CT1000BX100SSD1 CT500BX100SSD1 CT250BX100SSD1 CT120BX100SSD1
容量 1TB 500GB 250GB 120GB
フォームファクタ 2.5インチ
インターフェース SATA3
NANDフラッシュ Micron 16nm MLC NAND
コントローラ Silicon Motion SM2246EN
シーケンシャルリード 535MB/s
シーケンシャルライト 450MB/s
450MB/s
370MB/s 185MB/s
ランダムリード 90000 IOPS
90000 IOPS
87000 IOPS 87000 IOPS
ランダムライト 70000 IOPS
70000 IOPS
70000 IOPS 43000 IOPS
寿命(MTTF) 150万時間
耐久性(TBW) 総書込バイト数72TB(1日あたり40GB×5年に相当)
設置タイプ 内蔵
厚さ 7mm
保証期間 3年

BX100 .

BX100
BX100シリーズはコントローラにSilicon Motion製「SM2246EN」を採用。同社製コントローラはADATAのPremier SP610シリーズにも採用されています。NANDフラッシュはMicronの16nm MLC NANDを採用。コントローラが変更されたことによる影響は分かりません。手を出さずに様子見、人柱待ちという感じになりそうです。

 

BX100シリーズ vs MX100シリーズ スペック比較

120-128GB

モデル名 CT120BX100SSD1 CT128MX100SSD1
シリーズ BX100 MX100
容量 120GB 128GB
NANDフラッシュ Micron 16nm MLC Micron 20nm MLC
コントローラ Silicon Motion SM2246EN Marvell 88SS9189
シーケンシャルリード 535MB/s 550MB/s
シーケンシャルライト 185MB/s
150MB/s
ランダムリード 87000 IOPS
80000 IOPS
ランダムライト 43000 IOPS
40000 IOPS
寿命(MTTF) 150万時間 150万時間
耐久性(TBW) 72TB 72TB
保証期間 3年 3年

BX100シリーズはシーケンシャルライト、ランダムアクセス性能が向上していますが、容量が8GB違うため容量重視な人はMX100シリーズの方がいいでしょう。

250GB-256GB

モデル名 CT250BX100SSD1 CT256MX100SSD1
シリーズ BX100 MX100
容量 250GB 256GB
NANDフラッシュ Micron 16nm MLC Micron 16nm MLC
コントローラ Silicon Motion SM2246EN Marvell 88SS9189
シーケンシャルリード 535MB/s 550MB/s
シーケンシャルライト 370MB/s
330MB/s
ランダムリード 87000 IOPS
85000 IOPS
ランダムライト 70000 IOPS
70000 IOPS
寿命(MTTF) 150万時間 150万時間
耐久性(TBW) 72TB 72TB
保証期間 3年 3年

BX100シリーズはシーケンシャルライト、ランダムリード性能が向上。こちらも容量重視な人はMX100シリーズの方がいいでしょう。

500-512GB

モデル名 CT500BX100SSD1 CT512MX100SSD1
シリーズ BX100 MX100
容量 500GB 512GB
NANDフラッシュ Micron 16nm MLC Micron 16nm MLC
コントローラ Silicon Motion SM2246EN Marvell 88SS9189
シーケンシャルリード 535MB/s 550MB/s
シーケンシャルライト 450MB/s 500MB/s
ランダムリード 90000 IOPS 90000 IOPS
ランダムライト 70000 IOPS
85000 IOPS
寿命(MTTF) 150万時間 150万時間
耐久性(TBW) 72TB 72TB
保証期間 3年 3年

 
残念ながらこちらはMX100シリーズの方が完全にスペックがいいですね。

 

前モデルのBX100シリーズとスペック比較してみましたが、劇的なスペックアップは遂げていないこと、モデルによってはMX100シリーズよりもスペックが低いためどうしても見劣りしてしまいます。

 

BX100シリーズは廉価帯SSDの中ではランダムアクセスが比較的高いこと、リードとライトで大きな開きがないのが特徴でもあります。ベンチマーク大好き!スペック至上主義!CrystalDiskMarkの結果こそが全てだ!という人でなければ十分なスペックを持っている製品だと思いますし、よく分からないメーカーやTLC NANDのSSDを選ぶくらいならこちらの方がオススメです。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
2015年の後半に256GBのSSDが70ドル以下になるかも?
NEXT
東芝「dynabook KIRA V83/V73/V63」2015年春モデル発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。