公安9課

*

CeBITにてPLEXTOR M7eが展示。CrystalDiskMarkによるベンチマークも

   

CeBITにてPLEXTOR M7eが展示されています。

PLEXTOR M7eシリーズは2015年1月に開催されたCES 2015にも展示されていましたが、CeBITでも展示されています。

M7eシリーズはM.2規格のPCIe SSDで、インターフェースはPCI Express2×4、コントローラはMarvell 88SS9293、NANDフラッシュは東芝製A19 MLC NANDを搭載しています。容量は128GB、256GB、512GB、1TBの4つが用意されています。

M7e2

CrysitalDiskMarkによるベンチマークが行われているのは1TBモデル。シーケンシャルリードが1278MB/s、シーケンシャルライトが1008MB/sとシーケンシャルリードライト両方で1000MB/s(1GB/s)超えを実現しています。

M7e1

M7e3

1TBモデルはNANDフラッシュやらコントローラのスペース的な問題で他の容量よりもサイズが長くなっているようです。写真を見る限りM7eがマザーボードに固定出来ていないため、少なくともtype 2280よりも大きいものと思われます。

 

いやあ、早く発表してほしいものですねえ。

情報元 : •• Nowa generacja dysków SSD, Plextor M7e , CeBIT: Plextor M7e-SSD komt eind tweede kwartaal | Hardware.Info Nederland



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
SIMフリースマホ「ARROWS M01」が全国家電量販店で販売開始
NEXT
IIJmio vs BIGLOBE LTE・3G vs OCNモバイルONEの比較

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。