公安9課

*

2.5インチHDD搭載可能なBRIX「GB-BXi7H-4500」等まとめ

    [最終更新日]2015/01/27 22:20

9311_big

GIGABYTEがBRIXの従来のHaswellモデルの高さを変更し、2.5インチHDDを搭載可能にした「GB-BXi7H-4500」などを発表しました。


先に発売されたH無しモデルとの違いは以下の通り。

  1. 本体の高さが29.9mmから42.8mm(+12.9mm)へと変更される。幅や奥行に変化はなし。
  2. SATA3ポートが搭載され、2.5インチHDDが搭載可能になる。高さが増えたのはこのため。

スペック

モデル名 GB-BXI7H-4500 GB-BXi5H-4200 GB-BXi3H-4010 GB-BXCEH-2955
CPU i7-4500U i5-4200U i3-4010U Celeron-2955U
ビデオチップ HD Graphics 4400 HD Graphics
メモリ DDR3L-1600/1333 S.O.DIMM(1.35V)
メモリスロット数 2(最大16GBまで認識)
拡張スロット mSATA × 1
mini PCI Express(Wifi + Bluetoothカード装着済)
※IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0
SATA × 1
【搭載ポート】
HDMI 1
Mini DisplayPort 1
USB3.0 4(フロント2, バックパネル2)
GbE
1(Realtek RTL8111G)
ヘッドホン端子 1(フロント)
本体寸法 29.9 mm × 107.6 mm × 114.4 mm

 

本体画像

9311_big
9314_big

フロントにはUSB3.0ポートが2つ、ヘッドホン端子が1つ。
9313_big

バックパネルにはHDMIポートとminiDisplayPortを搭載し、デュアルディスプレイ出力をサポート。USB3.0ポートを2つ、Gigabit Eithernet(Realtek RTL8111G)を1つ搭載。

付属品

5

BRIX本体、VESAマウンタ+ネジ、ACアダプター&電源コード、ドライバCD、クイックスタートガイドが付属。
NUCとは違って3ピンミッキータイプコネクタを購入する必要がありません!

組み立て時に必要になるパーツ

必要最低限なパーツはメモリ、mSATA SSDの2つ。
ただしもちろんのこと、OSやOSをインストールするためのDVDドライブやUSBメモリが必要。

メモリ

メモリはノートパソコン用のものしか使えない。従来モデルとは違い、1.5Vのメモリはサポートされていません!通常DDR3のメモリは1.5V駆動ですが、それよりも低電圧な1.35V駆動のDDR3Lメモリじゃないとダメになりました!
BRIX公式(pdf注意)に公式で動作確認されたDDR3Lメモリが掲載されていますが、検索して出てくるメモリは少ないです。

メーカー 型番 規格(S.O.DIMM) 容量 CL
G.Skill F3-1600C9S-4GRSL DDR3L-1600 4GB(4×1) 9
G.Skill F3-1600C9D-8GRSL DDR3L-1600 8GB(4×2) 9
Kingston KVR16LS11/8 DDR3L-1600 8GB(8×1) 11

他にもDDR3L-1600/1333メモリはあるので以下にまとめます。安いのはSamsungのメモリです。

メーカー 型番 規格(S.O.DIMM) 容量 CL
Corsair CMSX8GX3M2B1866C10 DDR3L-1600 8GB(4×2) 10
Samsung M471B5273DH0-YK0 DDR3L-1600 4GB(4×1) 11
Samsung M471B1G73BH0-YK0 DDR3L-1600 8GB(4×2) 11
A-DATA AM1L16BC4R1-S DDR3L-1600 4GB(4×1) 11
A-DATA AM1L16BC8R2-S DDR3L-1600 8GB(4×2) 11
IODATA SDY1600L-4G DDR3L-1600 4GB(4×1) 11
IODATA SDY1600L-8G DDR3L-1600 8GB(8×1) 11
CFD D3N1600Q-L4G DDR3-1600 4GB(4×1) 11
CFD D3N1600Q-L8G DDR3-1600 8GB(8×1) 11
CFD W3N1600Q-L4G DDR3-1600 8GB(4×2) 11
CFD W3N1600Q-L8G DDR3-1600 16GB(8×2) 11
Crucial CT2KIT51264BF160B DDR3L-1600 8GB(4×2) 11

CFDの1.35V駆動のDDR3-1600 SODIMMメモリ。

mSATA SSD

mini PCI Expressスロットを2本搭載。1本はフルサイズmini PCI Expressスロットで、mSATA SSDが搭載可能。OSをインストールするとこの容量よりも少なくなるので注意。不安なら1つ上の容量にすれば安心。

製品名 容量 コントローラ 読込 書込
Crucial M550 Series
CT128M550SSD3 128GB Marvell
88SS9189
550MB/s 350MB/s
CT256M550SSD3 256GB 550MB/s 500MB/s
CT512M550SSD3 512GB 550MB/s 500MB/s
PLEXTOR mSATA SSD M6M Series
PX-64M6M 64GB Marvell 88SS9188 520MB/s 160MB/s
PX-128M6M 128GB 520MB/s 340MB/s
PX-256M6M 256GB 520MB/s 440MB/s
PX-512M6M 512GB 520MB/s 440MB/s
Transcend
TS128GMSA370 128GB Transcend TS6500 520MB/s 150MB/s
TS256GMSA370 256GB 530MB/s 290MB/s
TS512GMSA370 512GB 530MB/s 310MB/s
Samsung 840EVO mSATA
MZ-MTE120B/IT 120GB Samsung 3‐Core MEX 530MB/s 520MBs
MZ-MTE250B/IT 250GB 540MB/s 520MB/s
MZ-MTE500B/IT 500GB 540MB/s 520MB/s
MZ-MTE1T0B/IT 1TB 540MB/s 520MB/s

 

無線LANカード

BRIXには既にAzurewave社製のIEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0に対応した無線LANカード「AW-NB114H」が搭載されています。が、気になる人はIntel製の無線LANカードにしましょう。

6235はIEEE 802.11a/b/g/nに対応、BlueToothは最新規格の4.0を搭載。
PCパーツショップでもNUCとセットで販売されてます。

また、この6235の後継モデルである「7260HMW」も発売されています。
IEEE 802.11a/b/g/nに加えて最新次世代通信規格802.11acに対応し最大通信速度は867Mbps、Bluetooth4.0に対応。

OSについて

Win7と8どちらを選ぶかはお好みでどうぞ。言うまでもなくインストール時にはUSBメモリか外付けDVDドライブが必要になってくるので注意しましょう。安いのはWindows8です。

NUCもBRIXも同じ時期に2.5インチHDD/SSDを搭載可能になるモデルが発売されます。果たしてどちらが勝つのか楽しみですね。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Samsung 840EVO mSATAの120GB, 250GBモデルが発売
NEXT
違うのはOfficeだけ Dell Venue 8 Proスペックまとめ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。