公安9課

*

BIGLOBE LTE・3G データSIM/音声通話SIM 料金まとめ

    [最終更新日]2015/04/17 11:06

biglobe
BIGLOBE LTE・3G データSIM/音声通話SIMの料金についてのまとめ。

 

BIGLOBE LTE・3Gサービスの特徴

BIGLOBE LTE・3Gとは、NTTドコモと同じエリアでもインターネットを利用出来る高速モバイル通信サービス。LTEはdocomoのXi回線、3GはdocomoのFOMA回線を使用したサービスなのでdocomoのケータイやスマホがつながるエリアで使用出来ます。docomoで販売されたスマートフォンであれば、格安SIMを利用するためにSIMロックを解除する必要はありません。自分のもともと使っていたスマホやAmazonなどで購入した白ロムに契約した格安SIMカードを挿して設定をすればすぐにデータ通信や音声通話が可能になります。

通信速度は受信時最大225Mbps、送信時最大50Mbpsで通信が可能。通信速度制限時は送受信ともに最大200kbpsに制限されます。

SIMカードの種類は3種類

nanoSIM microSIM SIM
nanoSIMカード
(nanoUIMカード)
microSIMカード
(miniUIMカード)
SIMカード
(UIMカード)

SIMカードはnanoSIM、microSIM、SIMの3種類があります。どのSIMカードが挿せるのかは端末によってそれぞれ違うので確認する必要があります。自分の端末に挿さっているSIMカードがどれなのかを確認してみましょう。

BIGLOBEによって動作確認された端末一覧があるので詳しくは「BIGLOBE LTE・3G」動作確認端末一覧/設定方法を参照。

SMSを利用しないとLINEの認証ができない

 LINEなどの新規アカウントの取得の際にSMSが必要になります。LINEを使いたい人はSMSオプションも申し込んでおきましょう。もしもサービス利用開始後にSMSオプションをつけたいとなるとSMS対応SIMカードへと交換する手続きが必要になり、手数料として3240円かかります。

アンテナピクト問題・セルスタンバイ問題の解決にもなる

アンテナピクト問題・セルスタンバイ問題とは、データ通信専用SIMを使った場合にアンテナピクトが全く表示しなくなったり、極端に電池の消耗が激しくなるなどの問題のこと。

  1. スマホ「データ回線はあるけど音声回線が見つからない!」
  2. スマホ、音声回線を常に探す
  3. 探してももちろんデータ通信専用SIMなので見つからない。けど探すのでどんどんバッテリーが減っていく

ということ。SMSは音声回線を使ったサービスなので、オプションのSMSサービスをつけておけばスマホがデータ回線と音声回線のどちらも認識するのでこの問題を解決できます。

データ通信残量の確認はアプリで

オートコネクト
データ通信残量の確認はBIGLOBEの制作したアプリ「オートコネクト」で確認出来ます。オートコネクトは元々自宅や外出先などのエリアに応じた通信方法(モバイルデータ通信とWi-Fi通信)を自動で切り替えるアプリですが、当月・直近72時間のデータ残量の確認も可能。

BIGLOBE LTE・3G サービス基本仕様

  • 通信速度 : 下り最大225Mbps, 上り最大50Mbps, 通信速度制限時200kbps
  • 利用可能端末 : LTE対応端末 / 3G対応端末
  • 初期費用 : 3240円
  • ユニバーサルサービス料 : 3円
  • SMS : 利用可(有料オプション。月額129円)
  • 対応しているSIMカードサイズ : 標準SIM / microSIM / nanoSIM
  • テザリング : docomoから販売されている端末では不可。BIGLOBE販売の端末のみ可能
  • 「BIGLOBE LTE・3G」動作確認端末一覧/設定方法

 なお、2015年4月17日からライトSプラン・ライトMプラン・スタンダードプランの直近72時間の通信制限(通信しすぎてかかるやつ)、それに伴う速度制限(200kbps)が撤廃されました。

なお、エントリープランは直近72時間で360MB以上通信すると通信制限・速度制限がかかるので注意。

BIGLOBE LTE・3G 音声通話SIM

BIGLOBE LTE・3G 音声通話SIMは音声通話とデータ通信どちらも可能なSIM。

  • 音声通話 : 音声通話対応プラン。MNP転入も可能
  • 国内通話料 : 21.6円/30秒
  • SIMカードの追加 : 不可能
  • 支払方法 : クレジットカードのみ
  • 最低利用期間 : 12ヶ月
  • 違約金 : 8640円(最低利用期間内に解約した場合)
サービス名 月額料金 通信量 通信速度 SIM SMS
音声通話スタートプラン 1728円  1GB/月 150Mbps 1枚
 エントリープラン 1944円  3GB/月 150Mbps 1枚
ライトSプラン 2597円  6GB/月 150Mbps 1枚
 ライトMプラン 4037円  8GB/月 150Mbps 1枚
スタンダードプラン 5065円 10GB/月 150Mbps 1枚

 

SMSは文字数により次の料金がかかります。国内への送信:3~32円/回、国外への送信:50~500円(不課税)/回、国内/海外からの受信:0円

 

BIGLOBE LTE・3G データSIM

BIGLOBE LTE・3G テータSIMはデータ通信専用のSIM。通話は出来ません。

  • 音声通話 : 利用不可
  • SIMカードの追加 : スタンダードプランのみ可能。2枚まで追加可能(1枚発行に3240円, 合計3枚まで)
  • 支払方法 : クレジットカード・口座振替(支払手数料216円)
  • 最低利用期間 : なし
  • 違約金 : なし(利用開始月に解約した場合のみ月額料金とユニバーサルサービス料3円)

 

サービス名 月額料金 通信量 通信速度 SIM SMS
エントリープラン  972円  3GB/月 225Mbps 1枚
 ライトSプラン  1625円  6GB/月 225Mbps 1枚
 ライトMプラン  3065円  8GB/月 225Mbps 1枚
 スタンダードプラン  4093円  10GB/月 225Mbps 3枚

 

スタンダードプランのみSIMカードの追加に対応しています(シェアオプション)。2枚追加可能で最大3枚での運用が可能ですが、シェアオプションの申込手数料3240円がかかります。それ以降月額料金はかかりませんが、SIMカード1枚につきユニバーサルサービス料が3円かかり、スタンダードプラン+SIM3枚なら4102円ということになります。

SMSは文字数により次の料金がかかります。国内への送信:3~32円/回、国外への送信:50~500円(不課税)/回、国内/海外からの受信:0円

 

以上。参考になれば幸いです。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Lenovo ハイパフォーマンス・モバイルPC「ThinkPad X250」発表
NEXT
VAIO フラッグシップモバイルPC「VAIO Z」を発表

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。