公安9課

*

ASUSTeKが15.6型モバイル液晶「MB169C+」発売。USB Type-Cケーブル1本で接続可

    [最終更新日]2016/03/11 15:29

MB169C_Plus

ASUSTeKがUSB Type-Cケーブル1本で接続可能な15.6型モバイル液晶ディスプレイ「MB169C+」を発売します。

ASUSTeKは2016年3月7日、USB Type-Cケーブル1本でノートPCなどと接続できる15.6型フルHD(1980×1080ドット)モバイル液晶ディスプレイ「MB169C+」を日本市場向けに発売することを発表しました。2016年3月11日発売予定で、価格は約3万8000円前後。

スペックは以下の通り。

製品名
(本体カラー)
MB169C+
(ダークシルバー)
液晶パネル
パネルサイズ
15.6型ワイド
バックライト
LED
パネル種類
IPS
表面仕様
ノングレア
最大解像度
1920×1080 (フルHD)
画素ピッチ
0.179mm
視野角
水平160°、垂直160°
最大輝度
250cd/㎡
コントラスト比
700:1
応答速度 (グレー→グレー)
5ms
最大表示色
約26.2万色
入力端子
DisplayPort over USB-C×1
スピーカー
搭載技術/
機能
QuickFit
搭載
Blue Lightフィルター
搭載
電源
USB Type-Cポートより給電
消費電力
使用時
5W以下
スタンバイ時
0W
サイズ
幅379mm×奥行き8.5mm×高さ236mm
質量
約800g
主な付属品
USB Type-C ケーブル×1
サポートCD×1
専用スリーブケース (スタンド機能付き)×1
クイックスタートガイド×1
保証書×1
製品保証
購入日より3年間の日本国内保証

 

MB169C+は、ノートPCなどとUSB Type-Cケーブル1本で接続できるモバイル液晶ディスプレイ。パネルは美しい発色と広い視野角が特徴のIPSパネルを使用しています。外出先で人に画面を見せたいときなど、画面の角度を気にせず見てもらうことができます。

スリムでスタイリッシュな本体は、徹底した軽量化とスリム化によって約800gの軽さとわずか8.5mmの薄さを実現。書類などと一緒にバッグの隙間に気軽に入れることができ、タブレットと同じような手軽さでどこででもスマートに使えます。

使用時はACアダプターを必要とせず、USB Type-Cケーブルだけで給電も映像入力も行えます。外出先などどこででも気軽に液晶ディスプレイを使用できます。なお、MB169C+の使用には接続先のUSB Type-CポートがDisplayPort over USB-Cに対応していないといけないので、全てのUSB Type-Cポートに繋げれば使用できるようになるということではありません。

 

Thunderboltに対応しているUSB Type-Cポートを搭載しているノートパソコンを持っていて、外でもデュアルディスプレイ環境で作業したい人はオススメです。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
docomoが2年定期契約等の解約金不要期間を1ヶ月から2ヶ月に拡大
NEXT
ASUSTeKがG-SYNC対応34型ウルトラワイドゲーミング曲面液晶「ROG Swift PG348Q」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。