公安9課

*

【ASUSTeK H170】H170 PRO GAMERと H170-PROの違いについて

    [最終更新日]2015/09/26 16:38

H170 PRO GAMINGASUSTeK H170 PRO GAMERと H170-PROの違いについてまとめました。

H170-PROとH170 PRO GAMER スペック比較

製品名 H170 PRO GAMING H170-PRO
チップセット H170チップセット
フォームファクタ ATX
CPU Intel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron
ソケット LGA1151
対応しているメモリ DDR4-2133
メモリスロット数 4(最大で64GBまで認識)
【ストレージ】
SATA3ポート 6 6
SATA Express 1 1
M.2 1 1
【拡張スロット】
PCI Ex 3.0 x16 1(x16) 1(x16)
PCI Ex 3.0 x16 1(x4) 1(x4)
PCI Ex 3.0 x1 4 2
PCI 2
【その他】
LAN Intel I219V Realtek RTL8111H
オーディオ SupremeFX Realtek ALC887
【バックパネル】
PS/2 1(combo) 2(Mouse, Keyboard分離)
DisplayPort 1
HDMI 1 1
DVI-D 1 1
D-Sub 1 1
LAN(RJ45) 1 1
USB3.1 type-C 1
USB3.1 type-A 1
USB3.0 2 2
USB2.0 2 2
光デジタル音声出力端子 1
オーディオジャック 5 3
製品公式 H170 PRO GAMING H170-PRO

 

 

似てるようで思想が違う

H170 PRO GAMERは、ゲーム用の高コストパフォーマンスシリーズの「PRO GAMING」シリーズに属しています。なお、PRO GAMINGシリーズはグレードは存在しません。

H170-PROはあらゆる用途向けの汎用シリーズの「スタンダード」シリーズに属しています。「PRO」はミドルモデルを意味します。

PRO GAMINGシリーズのポイント

  • FPSなどで敵のいる場所がなんとなく分かる「Sonic Radar Ⅱ」
  • クリアで迫力のある音を実現、ニチコンのオーディオコンデンサを搭載した「Supreme FX」
  • ゲームに最適な「Intel LAN」, 静電気保護回路を搭載したLAN Guard」, ゲームのデータ通信の優先度を上げることでネットワークゲームのタイムラグを減らす「GameFirst technology」
  • メモリーの一部をSSDのキャッシュに割り当てることでSSDの読み書きを高速化する「Ram Cache」

 

拡張スロット数の違い

H170 PRO GAMERはPCI Ex 3.0 x1は4つ。H170-PROはPCI Ex 3.0 x1は2つ、PCIは2つ。

オーディオチップの違い

H170 PROG GAMERにはクリアで迫力のある音を楽しめる「SupremeFX」オーディオ機能を搭載。

基板上をデジタルエリアとアナログエリアに分け、アナログ変換後の信号をアナログエリアでのみ扱うようにすることでノイズの影響を最小限に抑え、オーディオ用コンデンサとして定評があるELNAのコンデンサを使用、オーディオ用のUSB DACに匹敵する115dBのSN比を実現、などなどゲームの効果音やBGMを高い音質で楽しむことができます。

LANコントローラの違い

H170 PRO GAMERはネットワークゲームをより快適に楽しめるように、本製品にはCPU負荷が低いことで定評のあるIntel製LANコントローラーを搭載しています。

Intel製LANコントローラーはTCPとUDPのスループットが高いことも特徴で、使用環境によってはほかのLANコントローラーよりも大幅な性能向上を実現します。

H170-PROはRealtek RTL8111Hを搭載。蟹チップなので

DisplayPortの有無

H170 PRO GAMERはDisplayPort端子を搭載していますが、H170-PROは搭載していません。

USB3.1 type-A, USB3.1 type-Cポートの有無

H170 PRO GAMERはUSB3.1 type-Aポート、USB3.1 type-Cポートがオンボードで搭載されています。

なお、USB3.1ポートを実装するために搭載されているチップ・コントローラはASMedia製なのでIntel純正のものではないことに注意。

USB3.1はUSB3.0の拡張規格として策定されたもので、理論上の転送速度は10GbpsとUSB3.0の2倍の転送速度を誇ります。あくまで理論上なのでフルに発揮されるというわけではありません。

USB3.1 type-CではUSBの裏表の関係なく挿せる(リバーシブル)ようになるため、USB機器をポートに挿す時に「あれ?こっちが表だっけ?」と悩むことがなくなります。ちなみに、USB3.1 type-Aは従来通り表裏があります。

 

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
NEC Aterm MR04LNがタイムセール特価で2万1600円
NEXT
速度測定と評価もあり!mineoのドコモプランまとめ!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。