公安9課

*

ASUSTeKのスティックChrome PC「Chromebit CS10」が1月22日発売

   

Chromebit-CS10

ASUSTeKのスティックChrome PC「Chromebit CS10」が発売されます。

ASUSTeKは2016年1月21日、Google Chrome OSを搭載しテレビに挿して簡単に使えるスティックChrome PC「Chromebit CS10」を2016年1月22日より発売すると発表しました。2015年12月18日には法人向けモデルが発表されていましたが、予定通りコンシューマ向けにも発売されます。スペックは以下の通り。

OS ChromeOS
CPU Rockchip RK3288C
グラフィックス機能 ARM Mail-T764 GPU
メモリ 2GB(LPDDR3-1066)
ストレージ 16GB
無線 IEEE802.11 a/b/g/n/ad + Bluetooth 4.0
サイズ 幅123×奥行31×高さ17mm
重さ 75g
インターフェース 電源端子×1
HDMI出力×1
USB2.0×1

 

法人向けとスペックはほぼ変わりません。法人向けはARM Mail-T624 GPUを搭載していました。

早い話がWindowsではなくChrome OSを搭載したスティックPCです。テレビのHDMI端子に挿して使用するスティックタイプのPCでGoogleのChrome OSを搭載しており、Webサイトを見たりストリーミング動画を見たり、様々な対応アプリケーションを使用できます。

Chromebitわずか数秒で起動するので使いたい時に使え、画面出力はFullHD(1920×1080)に対応しており、動画や写真などを高精細に表示可能です。また、こういうスティックのPCでは珍しくIEEE802.11a/n, 5Ghz帯に対応しているので快適に通信できます。

Chrome OSは常に最新の状態に自動でアップデートされるのでウイルス対策も万全。データはGoogle Driveに保存できるのでネットワーク環境さえあれば外出先や別のPCなどどこからでもアクセスが可能です。

付属品にはフレキシブルHDMI延長ケーブルがあり、テレビのHDMI端子の周囲が狭い場合や他のケーブルと干渉してChromebitを挿し込めない場合でも、この延長ケーブルを使えばHDMI端子に接続することが出来ますが、電源供給にはACアダプタが必要になり、これがWindowsを搭載したスティックタイプのPCと異なる点です。

 

ChromebitはWindows搭載のスティックタイプのPCよりも値段が高いのでなんともいえません。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
JAPANNEXTが28型ワイド4K液晶「JN-T280UHD」発売
NEXT
Acerの34型/3440×1440の湾曲ゲーミング液晶「X34bmiphz」が1月22日発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。