公安9課

*

日本版ASUS ZenFone 3(ZE520KL)レビュー。本体の質感が格段に向上

    [最終更新日]2016/12/01 13:06

zenfone3-review-13

日本版ASUS ZenFone 3(ZE520KL)レビュー。

ASUS ZenFone 3(ZE520KL) フォトレビュー

日本版ASUS ZenFone 3(ZE520KL)のサファイアブラックを購入したので簡単にレビューを行いたいと思います。

zenfone3-review-1

外箱。

zenfone3-review-2

箱の中身。ZenFone 3本体、ユーザーマニュアル、ACアダプタ、USB-Cケーブル、イヤホン、SIMピンなどが付属しています。

zenfone3-review-3

前面。ナビジェーションキーは画面から独立していて光りません。

ZenFone 3は5.2インチFullHDディスプレイが搭載されており、細部一つひとつを600nitsの高輝度で鮮やかに表示します。

zenfone3-review-12

背面。

zenfone3-review-14

背面には1600万画素のカメラと指紋認証センサー。

ZenFone 3の筐体には金属が使用され、前面背面はガラスパネルになっており、Corning Gorilla Glass3が使用されています。プラスチックを金属っぽく見せていたZenFone 2, ZenFone2 Laserよりも質感は確実に向上しています。ガラスパネルの下は同心円状に加工されています。

zenfone3-review-7

本体上面にはイヤホンジャック。

zenfone3-review-4本体底面にはUSB2.0 type-Cコネクタとスピーカー。

USB Type-Cは新しいコネクタの規格で、表裏の区別がないリバーシブルなコネクタになっています。このため、スマートフォン側のコネクタ周りの塗装が剥げたり、充電するときにコネクタの向きでイライラするようなことがありません。

zenfone3-review-5本体右側面には電源キーと音量調節キー。

zenfone3-review-6本体左側面にはSIMスロット。

zenfone3-review-8SIMスロットを取り出してみました。取り出す際には付属しているSIMピンが必要になります。

zenfone3-review-9

SIMスロット単体。SIMサイズはmicroSIMとnanoSIMに対応しています。なお、nanoSIMカードとmicroSDカードは排他使用になるので同時に使用することはできません。どっちかしか使えないってことです。

SIMスロットにはこのようにマークが描かれているので、このマークの通りにSIMカードやmicroSDカードを置きます。

zenfone3-review-10初期セットアップ終了後のZenFone 3。

 

ひとまずフォトレビューまで。触っているので随時追加します。

初期ストレージ・メモリ容量

screenshot_20161007-163351

screenshot_20161007-163413

screenshot_20161007-163429

数値は前後する可能性が十分あります。

AnTuTu Benchmark v6.2.1

screenshot_20161007-170206

screenshot_20161007-165810

AnTuTu Benchmark v6.2.1でのスコアは62461。3Dが12891、UXが23737、CPUが20288、RAMが5545。

用意されているAPN(初期状態で確認)

大抵の格安SIMのAPNがプリセットで登録されています。各APNを選択するだけでAPN設定が完了します。

docomo

AEON MOBILE 1, ASUS ZenSIM 1, ASUS ZenSIM 2, BBIQ, BIGLOBE LTE・3G, DMM mobile(dmm.com), IIJmio, JPMobile, Marubeni Wireless(LTE), OCNモバイルONE(LTE), Sony Network Communications, TOKAIモバイル4G/D, U-mobile, U-mobile PREMIUM, mineo(ドコモプラン), moperaU, nifty, ケーブルスマホ, ワイヤレスゲート, 楽天モバイルB(LTE/3G), 楽天モバイルC(LTE/3G), @モバイルくん。LTE

au

IIJmio, UQ mobile, mineo(auプラン)

タスクキー長押しはデフォルトだとスクリーンショットに割り当てられている

タスクキー長押しはデフォルトだとスクリーンショットに割り当てられているので、この挙動を変更したい人は、「設定」→「ASUSカスタマイズ設定」→「マルチタスクボタン」で任意の機能に変更するといいでしょう。

「起動中のアプリを表示する」「ボタンを押し続け、スクリーンショットを保存する」「ボタンを押し続け、メニューを表示する」の3つの機能が用意されています。

指紋センサーの精度は良い方

ZenFone 3の背面にある指紋センサーは最大5つの指紋を登録可能・360度認証・0.2秒アンロックという特徴があります。

右人差し指だけ指紋を登録してみましたが、指紋センサーの精度は良いほうだと感じました。微妙だという人は指紋を複数登録することで精度が上がると思います。

指紋センサーをロングタップで着信電話に応答、ダブルタップでカメラ起動、カメラ起動中に指紋センサーをタップすると写真撮影が可能です。

スクリーンショットの音はデフォルトでオフ

スクリーンショットの音はデフォルトでオフになっているはずです。

オンだという人、音が鳴るという人は「設定」→「スクリーンショット」→「サウンドを有効にする」をオフにしましょう。

デュアルSIMデュアルスタンバイの挙動について

microSIM/nanoSIM両方のSIMカードスロットにSIMカードを挿入し、片方のSIMカードを使用して通話している場合、もう片方のSIMカードでのデータ通信は停止します。また、nanoSIMカードとmicroSDカードを象時に使用することは出来ません。

au VoLTEの使用を検討している人は、au VoLTE対応SIMカードを4G側に設定することになります。VoLTEはLTEネットワーク上で音声通話を実現するための仕組みだからです。

NifMoでZenFone 3販売開始。最大2万円キャッシュバック活用でお得に購入可能

nifmo-zenfone3-1

NifMoのZenFone 3の端末価格は一括払いだと3万7778円、24回分割払いだと月額1575円。定価は3万9800円なのでNifMoの方が若干安いですよ

800円キャッシュバックだと実質2万9678円、1万円キャッシュバックだと実質2万7778円、2万円キャッシュバックだ実質と1万7778円。キャッシュバックを活用することで、ZenFone 3実質価格ではありますがかなりお得に購入できるようになっています。

最大2万円キャッシュバック!NifMoのキャッシュバックキャンペーン専用ページ(スマホセット)・申込はこのリンクから!



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ASUSが100シリーズ・C232マザーに第7世代CPU「Kaby Lake」用のUEFI BIOSを提供
NEXT
LGより144Hz駆動の34型21:9曲面ウルトラワイドゲーミング液晶「34UC79G-B」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。