公安9課

*

DaydreamとTangoをサポートするASUS「ZenFone AR」発表。SD821・メモリ最大8GBを搭載

   

zenfonear

DaydreamとTangoをサポートするASUS「ZenFone AR」が発表されました。

ASUSはGoogleのDaydreamとTangoの両方のプラットフォームをサポートするスマートフォン「ZenFone AR」を正式発表しました。2017年Q2に発売するとしており、具体的な時期や価格などについては発表しませんでした。

詳細なスペックは以下の通り。

製品名 ZenFone AR
型番 AS571KL
OS Android 7.0+ZenUI 3.0
ディスプレイ 5.7インチ
2560×1440, WQHD, AMOLED
Gorilla Glass 4
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 821
(2.35GHz)
メインメモリ 6GB / 8GB
ストレージ 32GB / 64GB / 128GB /256GB
カメラ(背面/前面) 【背面】2300万画素【前面】800万画素
外部メディア規格 microSD(最大2TB)
Wifi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.2
GPS GPS/A-GPS/GLONASS/BDS
SIMタイプ nmanoSIM×2
ネットワーク周波数帯 不明
バッテリー容量 3300mAh
USB2.0 type-C
Quick Charge 3.0
PowerDelivery 2.0
高さ×幅×奥行 158.67 x 77.7 x 4.6 ~ 8.95 mm
重量 170g
製品公式

 

zenfonear-2

ZenFone ARは世界ではじめてGoogle TangoおよびDaydreamに対応したスマートフォン。TangoはGoogleのARプラットフォーム、DaydreamはGoogleのVRプラットフォーム。

5.7インチAMOLEDディスプレイを採用し、解像度はWQHD(2560×1440)、Snapdragon 821、メモリ最大8GB、ストレージ最大256GBを搭載。ARとVR体験のために超高速なパフォーマンスを実現するように構築されています。カメラはSONY IMX 318センサーを採用した2300万画素のカメラを搭載。

ZenFone ARにはCPUとGPUをより効率的に動作させ、加熱を防止するための蒸気冷却システムを搭載しています。これについての詳細は不明。

zenfonear-3

フレームは金属、背面は革を使用しているようです。

 

基本スペックが高く、外観や質感も悪くなさそうなのででARやVRに興味が無いという人でも欲しくなってくる人はいるのではないでしょうか。日本で発売されるスペックがどうなるかは分かりませんが…。




Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!

公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
【グローバル版】ZenFone 3 Zoom(ZE53KL)の詳細スペックが公開。JP versionもあり
NEXT
【Intel Skylake】Z170, H170, B150, H110チップセットの違いについて

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。