公安9課

*

ASUSのデスクトップ向けWiFi拡張カード「PCE-AC88」発売。最大2167Mbpsの転送速度に対応

   

PCE-AC88

ASUSのデスクトップ向けWiFi拡張カード「PCE-AC88」が発売されます。

ASUSは2017年1月13日、デスクトップPCのPCI Expressスロットに取り付けて使用する、最大2167Mbpsの転送速度に対応するIEEE802.11 a/b/g/n/ac WiFi拡張カードの「PCE-AC88」を日本市場向けに発売することを発表しました。1月14日より販売開始予定で、市場想定価格はオープン。

PCE-AC88のスペックは以下の通り。

製品名
PCE-AC88
インターフェース
PCとの接続
PCI Express x1
その他
アンテナ端子×4
Wi-Fi機能
対応規格
IEEE802.11ac
IEEE802.11n
IEEE802.11a
IEEE802.11g
IEEE802.11b
最大データ転送速度(規格毎)
IEEE802.11ac(5GHz):2,167Mbps(NitroQAM使用時)
IEEE802.11ac(5GHz):1,734Mbps
IEEE802.11n(2.4GHz):1,000Mbps(NitroQAM使用時)
IEEE802.11n(5GHz/2.4GHz):600Mbps
IEEE802.11a(5GHz):54Mbps
IEEE802.11g(2.4GHz):54Mbps
IEEE802.11b(2.4GHz):11Mbps
対応周波数
(各周波数での最大データ転送速度)
5GHz(2,167Mbps)
2.4GHz(1,000Mbps)
搭載アンテナ
外付け4本
※5GHz/2.4GHzデュアルバンド対応
対応OS
Windows 10/7
主な付属品
アンテナ×4
外付けアンテナベース(磁石搭載)×1
LowProfileブラケット×1
ドライバCD-ROM×1
保証書×1
サイズ(カードのみ)
幅103.3mm×奥行き68.9mm×高さ21.0mm
質量(アンテナを除く)
125g
製品公式

 

PCE-AC88-1

 

PCE-AC88は、5GHz帯と2.4GHz帯のデュアルバンドに対応するIEEE802.11ac/n/a/g/b対応WiFi拡張カード。基板を覆う大型のヒートシンクを搭載することでファンレス動作を実現しています。

5GHz帯では最大2167MbpsのIEEE802.11ac/n/aを使用でき、2.4GHz帯では最大1000Mbpsに対応するIEEE802.11n/g/bを使用できます。デュアルバンドを使い分けることで、あらゆる環境で最高のパフォーマンスを発揮できます。 PCとの接続はPCI Express x1スロットに挿すことで行い、高速なWi-Fiの性能を最大まで利用可能です。

PCE-AC88-2

送受信アンテナを4本搭載することで最大2167Mbpsもの高速な転送速度を実現しています。また、接続先のWi-Fiルーターの位置を検出し、そのデバイスを狙い撃つように電波を飛ばすAi Radar機能を搭載しており、より安定した接続を行えます。

PCE-AC88-3

PCの置き場所や送受信の感度に応じてアンテナを好きな場所に設置できる、外付けのアンテナベースを付属しています。アンテナベースの底面には磁石を搭載しているので、スチール製のPCケースであれば側面にアンテナを取り付けることも可能。

 




Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!

公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
【Amazon】ASRockのZ270, H270マザーが1000円オフになるクーポン配布中
NEXT
MSIのH270マザー「H270 GAMING PRO CARBON」発売。ヒートシンクにカーボン素材を採用

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。