公安9課

*

ファンクションキーが物理キーになった第3世代「ThinkPad X1 Carbon」発表

    [最終更新日]2015/01/18 23:55

jpg large

LenovoがCES2015にてファンクションキーが物理キーになった第3世代「ThinkPad X1 Carbon」を発表しました。


第2世代ThinkPad X1 CarbonのF1~F12キーはアプリによって動的に変化するタッチパネル式の「Adaptiveキーボード」を搭載していましたが、第3世代では物理キーボードに変更されています。
固定物理キーボードでないため敬遠していたユーザーも少なからず存在しているはずなのでこれは嬉しい点。

第3世代ThinkPad X1 Carbonは14インチのUltrabookで最軽量と称しており、重量は約1.3kg。
CPUは第5世代Core iシリーズを搭載し、OSはWindows 8.1 Pro、メモリは最大8GB、ストレージは最大512GBのPCI Express接続のSSD、液晶はタッチ対応の14インチ(2560×1440)。

X1 Carbon02
X1 Carbon03
X1 Carbon04
X1 Carbon05
X1 Carbon06
X1 Carbon07
X1 Carbon08
X1 Carbon09
X1 Carbon10
X1 Carbon11
X1 Carbon12
X1 Carbon13

ワールドワイドでの発売は2015年1月を予定していますが、日本では発売時期は未定。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Core i7-4710HQ&GTX760搭載BRIX「GB-BXI7G3-760」まとめ
NEXT
【Intel Broadwell】モバイル向け第5世代CPU性能/スペックまとめ

コメント

  1. 名無し より:

    2代目の変態キーボードから、いきなり神機の予感ですやん

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。