公安9課

*

超小型PC自作キット!GIGABYTE「BRIX」まとめ

    [最終更新日]2015/01/18 23:55

Brix

GIGABYTE「BRIX」のGB-XM1-3537, GB-XM11-3337, GB-XM12-3227の比較とまとめ。


BRIX – Ultra Compact Mini-PCとは
端的に言うと、Intelが販売しているNUCのGIGABYTE版がこのBRIXです。
ディスプレイ出力や拡張性、PCとしての実用的なパフォーマンスを備えている。コンパクトPCの構築だけでなく、ホーム、オフィス、教育向けPCをはじめ、デジタルサイネージへの搭載などにも最適。

BRIXとNUCってどう違うの

  1. 搭載しているCPUがNUCよりもBRIXの方が若干スペックがいい
  2. BRIXはUSB3.0ポートが2つ、NUCは1つ
  3. BRIXは全モデルで電源ケーブルと無線LANカードが付属している(NUCは付属しない)
  4. BRIXの方が若干高い。が、モデルによってはNUCよりも安くなる

GB-XM11-3337はNUCのDC53427HYEに比べると確かに1000円ほど高いですが、NUCだと買わないといけない電源ケーブルと無線LANカードが搭載されているのでトータルで考えるとBRIXの方が安いです。

スペック比較

モデル名 GB-XM1-3537 GB-XM11-3337 GB-XM12-3227
CPU Core i7-3537U Core i5-3337U Core i3-3227U
チップセット Intel HM77
ビデオチップ Intel HD Graphics 4000
メモリ DDR3-1600/1333 S.O.DIMM
メモリスロット数 2(最大16GBまで認識)
拡張スロット mSATA × 1(実質mSATA SSD専用)
mini PCI Express(Wifiカード装着済)
【搭載ポート】
HDMI 1
Mini DisplayPort 1
USB3.0 1(フロント)
1(バックパネル)
Gigabit Eithernet 1(Realtek RTL8111E)
GIGABYTE公式 GB-XM1-3537 GB-XM11-3337
GB-XM12-3227

BRIXの違いは搭載されているCPUだけなのでNUCと比べると分かりやすい構成になっています。

搭載しているCPUのスペック比較

モデル GB-XM1-3537 GB-XM11-3337 GB-XM12-3227
プロセッサ i7-3537U i5-3337U i3-3227U
コア数 2 2 2
スレッド数 4 4 4
動作周波数 2.0GHz
1.8GHz 1.9GHz
TB時の最大周波数 3.1GHz
2.7GHz 未対応
L3キャッシュ 3MB 3MB 3MB
ハイパースレッディング
ターボブースト ×
TDP 17W 17W 17W
WEI(Windows 8) 約7.2
約6.9 約6.4


WEI = ウィンドウズ エクスペリエンス インデックス

ハイパースレッディング
一つの物理的なCPUをOS上で2つの論理CPUに見せる技術。 CPUに対して与えられた複数の
命令を同時に処理するため、ソフトやシステムの動作が高速になる。
ターボブースト
プロセッサを自動的に定格の動作周波数より高速で動作させる機能。動画編集や3Dゲームなど、高速処理が必要な際に特に有効。

NUCとのスペック比較
Core i3モデル – GB-XM12-3227とDC3217BYの比較
構成が同じなDC3217BYとの比較。

製品名 GB-XM12-3227 DC3217BY
CPU Core i3-3227U(1.90GHz) Core i3-3217U(1.80GHz)
チップセット Intel HM77 Express Intel QS77 Express
ビデオチップ Intel HD Graphics 4000
メモリ DDR3-1600/1333 S.O.DIMM
メモリスロット数 2(最大16GBまで認識)
拡張スロット Mini PCI Express フルサイズ×1
mini PCI Express ハーフサイズ×1
【搭載ポート】
HDMI(1.4a) 1 1
miniDisplayPort(1.1a) 1 1
USB 3.0 1(フロント)
1(バックパネル)
なし
USB 2.0 なし 3(フロント1, バックパネル2)
Gigabit Eithernet 1(Realtek RTL8111E) 1(Intel製)
CPUのスペック比較
製品名 GB-XM12-3227 DC3217BY
プロセッサ i3-3227U i3-3217U
コア数 2 2
スレッド数 4 4
動作周波数 1.8GHz 1.8GHZ
L3キャッシュ 3MB 3MB
ハイパースレッディング
TDP 17W 17W
WEI(Windows 8) 約6.4
約6.3
i3はターボブーストは非対応。

Core i5モデル – GB-XM11-3337とDC53427HYEの比較
3337Uと3427Uの違いはターボブースト時の最大周波数が0.1違うだけでほとんど差がない。
3337Uが2.7GHzで3427Uが2.8GHz。

製品名 GB-XM11-3337 DC53427HYE
CPU Core i5-3337U(1.80GHz) Core i5-3427U(1.80GHz)
チップセット Intel HM77 Express Intel QS77 Express
ビデオチップ Intel HD Graphics 4000
メモリ DDR3-1600/1333 S.O.DIMM
メモリスロット数 2(最大16GBまで認識)
拡張スロット Mini PCI Express フルサイズ×1
mini PCI Express ハーフサイズ×1
【搭載ポート】
HDMI(1.4a) 1 1
miniDisplayPort(1.1a) 1 2
USB 3.0 1(フロント)
1(バックパネル)
1(フロント)
USB 2.0 なし 2
Gigabit Eithernet 1(Realtek RTL8111E) 1(Intel製)
CPUのスペック比較
製品名 GB-XM11-3337 DC53427HYE
プロセッサ i5-3337U i5-3427U
コア数 2 2
スレッド数 4 4
動作周波数 1.8GHz 1.8GHz
TB時の最大周波数 2.7GHz 2.8GHz
L3キャッシュ 3MB 3MB
ハイパースレッディング
ターボブースト
TDP 17W 17W
WEI(Windows 8) 約7.0 約7.0
外観
3337-1
BRIXの大きさは11.4cm×10.8cm×3.2cmとNUC(10.1cm×10.1cm×3.9cm)よりも若干

大きいが高さはBRIXの方が低い。フロントにUSB3.0ポートが1つある。

3337-2

背面にはHDMI端子, mini DisplayPort端子, LANポート, USB3.0ポート、LANポートをそれぞれ1つずつ搭載。オーディオジャックはないのでHDMIやmini DisplayPort経由での音声出力。

3337-3

ハーフサイズのmini PCI Expressスロットに無線LANカードが標準で搭載。
これは、IEEE 802.11b/g/nに対応しているAzureWave社製「AW-NE104」の模様。

人によっては802.11a/b/g/nに対応、音声出力も出来るBlueToothの最新規格4.0に対応したIntel Centrino Advanced-N 6235などへのアップグレードが必要になります。6235はWifiだと 802.11a/b/g/nその他に対応、BlueToothは最新規格の4.0を搭載。PCパーツショップでもNUCとセットで売られている鉄板のWifiカードです。

組み立て時に必要になるパーツ
必要最低限なパーツはメモリ、mSATA SSDの2つ。
ただしもちろんのこと、OSやOSをインストールするためのDVDドライブやUSBメモリが必要。

付属品
本体、VESAマウンタ、アダプター&電源コード、ドライバCD、クイックスタートガイドが付属。
NUCとは違って3ピンミッキータイプコネクタを購入する必要がありません!

メモリ
ノートパソコン用のDDR3-1600orDDR3-1333のメモリを刺せばOK。
デュアルチャネルにも対応。CPUの換装は不可能なのでメモリやSSDなどストレージ面で強化して体感パフォーマンスを上げていくしかない。

シー・エフ・デー販売 ノートPC用メモリ DDR3 SO-DIMM PC3-12800 CL11 4GB 2枚組 W3N1600Q-4G/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】

mSATA SSD
mini PCI Expressスロットを2本搭載。1本はフルサイズmini PCI Expressスロット
mSATA SSDの取り付けが可能です2.5インチのHDDとSSDは搭載不可です

製品名 容量 コントローラ 読込 書込
Crucial m4 Series – 定番中の定番、しかしパフォーマンスは今となると…
CT064M4SSD3 64GB Marvell 88SS9174 415 MB/s 95 MB/s
CT128M4SSD3 128GB 415 MB/s 175 MB/s
CT256M4SSD3 256GB 415 MB/s 260 MB/s
PLEXTOR mSATA SSD M5M Series – 現状mSATAで最速SSD
PX-64M5M 64GB Marvell 88SS9187 540 MB/s 160 MB/s
PX-128M5M 128GB 540 MB/s 320 MB/s
PX-256M5M 256GB 540 MB/s 430 MB/s
Intel 525 Series mSATA SSD – NUCと同じIntel製
SSDMCEAC030B301 30GB SF-2281 500 MB/s 275 MB/s
SSDMCEAC060B301 60GB 500 MB/s 475 MB/s
SSDMCEAC120B301 120GB 550 MB/s 500 MB/s
SSDMCEAC180B301 180GB 550 MB/s 520 MB/s
SSDMCEAC240B301 240GB 550 MB/s 520 MB/s

OSについて
Win7と8どちらを選ぶかはお好みでどうぞ。言うまでもなくインストール時にはUSBメモリか外付けDVDドライブが必要になってくるので注意しましょう。

まとめ
BRIXのスペックの違いはCPUだけと分かりやすいので単純に予算との相談になります。NUCはの有線LANは信頼のIntelで3画面出力が可能。一方、BRIXは有線LANはRealtek、2画面出力ですがNUCにはないCore i7搭載モデルがあります。BRIXはNUCと比べて価格が高くなっていますが、NUCで購入必須な3ピンミッキーコネクタや無線LANカード分の金額を引けばNUCと同等の価格、もしくはそれ以下になります。果たして、BRIXはNUCの牙城を崩せるのか?楽しみですね。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
違いはどこに?MSI Z87-GD65 GAMINGとZ87-G45 GAMINGの比較
NEXT
ゲームクーポンのついたAMD「A10 6700」「A10 6800K」が販売中

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。