公安9課

*

【劣化?】PLEXTORの「M5S」シリーズのハードウェアの仕様が変更

    [最終更新日]2015/01/18 23:55

PLEXTORの「M5S」シリーズのハードウェアの仕様が変更
PLEXTORの2.5インチSSD「M5S」シリーズ「PX-128M5S」「PX-256M5S」の2製品について仕様が変更されたと販売代理店のリンクスインターナショナルより発表されました。詳細は続きを読むから。

劣化が確定しました。
【PLEXTOR SSD】M5Sもページサイズとブロックサイズが変更されていた【性能劣化】


変更された点

製品番号がPX-128M5Sが「PX-0128M5S」に、PX-256M5Sが「PX-0256M5S」というようにように容量を示す数字の前に0がつくように変更されました。

そして肝心なハードウェア面での変更点ですが、コントローラがMarvell製「88SS9174」から「88SS9187」へ、NANDフラッシュがMicron製から東芝製ヘと変更されました。
Marvell製コントローラの88SS9187はM5Pro/Xtremeシリーズに搭載されているものと同一で、NANDフラッシュについては東芝製の19nmのものではないかと言われています。

前期型後期型の見分け方

製品番号バーコード下のPNナンバーで見分けられます。

製品番号 PNナンバー
PX-128M5S 3C01110125 または記載なし
PX-0128M5S 3C01110183
PX-256M5S 3C01120095 または記載なし
PX-0256M5S 3C01120173

数字の頭にゼロがついているかいないかで判断するのが一番分かりやすいですね。

なんとこのM5Sに関してもM5Pと同様に中身が改悪された劣化品ということが判明。
【PLEXTOR SSD】M5Sもページサイズとブロックサイズが変更されていた【性能劣化】



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
【NUC】Intelの無線LANカードのWifi/BTが正しく認識されない場合の解決法
NEXT
【PLEXTOR SSD】M5Sもページサイズとブロックサイズが変更されていた【性能劣化】

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。