公安9課

*

【Intel NUC】Celeron 847搭載!DCCP847DYEまとめと比較【廉価版】

    [最終更新日]2015/01/18 23:55

http://www.ark-pc.co.jp/image/item/top/31400507.jpg

Celeron 847を搭載したi3の廉価版NUCであるDCCP847DYEについてまとめています。


NUC(ナック – Next Unit of Computing)とは
インテルが提唱する小型PCフォームファクタ「NUC」に準拠する自作PCキット。現在販売されているものはCore i3-317UとHDMI端子を2つ搭載しているBOXDC3217IYE、同CPUでHDMI端子とThunderbolt端子を搭載しているBOXDC3217BY, Celeron 847を搭載しているBOXDCCP847DYEの合計3種類のモデルが存在しています。

後継モデルでより高性能なCPUを搭載し、DCCP847DYEよりも安いDN2820FYKHが発売されています。
更に省電力に!Celeron N2820搭載NUC「DN2820FYKH」まとめ

NUCで組み立てるには何が必要?
組み立ての際に最低限必要なものはメモリmSATA SSD電源ケーブルOSの4つ。OSのインストールには外付けのDVDドライブが別途必要になるので持ってない人は外付けDVDドライブを追加して5つ必要になります。注意しましょう。

組み立てたPCはどんな用途で使われてるの?
液晶テレビに繋げて大画面でのインターネットや写真・動画・音楽などのAV鑑賞などのリビングPC, サブPCとしてとして、もしくは消費電力の低さを活かしてファイルサーバーやメディアサーバーとしても使われています。

BOXDCCP847DYE BOXDC3217IYE スペック比較
比較には搭載しているポート、スロットが共通しているDC3217IYEを用います。

製品名 http://www.ark-pc.co.jp/image/item/top/31400507.jpg
DCCP847DYE
DC3217IYE
CPU Celeron 847(1.1GHz) Core i3-3217U(1.80GHz)
チップセット Intel QS77 Express Intel QS77 Express
ビデオチップ Intel HD Graphics Intel HD Graphics 4000
メモリ DDR3-1333/1066 S.O.DIMM DDR3-1600/1333/1066 S.O.DIMM
メモリスロット数 2(最大16GBまで認識) 2(最大16GBまで認識)
拡張スロット miniPCI  Express * 2 miniPCI Express * 2
【搭載ポート】
HDMI(1.4a) 2 2
USB 2.0 3 3
Gigabit Ethernet 1 1
Thunderbolt × ×

Celeron 847はメモリはDDR3-1333までしか対応しておらず、ビデオチップもIntel HD Graphicsとなっています。

本体画像(画像はDC3217BY, DCCP837DYEもサイズは同じ)
NUC1
本体は幅116.6×奥行120×高さ39mmで手のひらサイズでとてもコンパクト。重さは約476gで横置きでも縦置きでも設置可能、VESAマウントに設置出来るマウンタが付属しているのでテレビや液晶ディスプレイなどの背面にVESAマウンタを使用して取り付けも可能。超小型なので置き場所に困りません。

付属品(画像はDC3217BY, DCCP847DYEも同一)

NUC2

本体, 組み立て方記載のマニュアル,  VESAマウンタ, ACアダプター

ACアダプタは付属していますが、電源ケーブルがなぜか付属していないので、3ピンのミッキータイプコネクタを購入する必要がある点にも注意です。いったいどれを買えばいいのかと思いますが以下の製品AmazonにNUCで使用可能との報告があるので安心。
BUFFALO 電源ケーブル DELL/HP用 3ピンメス:2ピンプラグ 2.0m ブラック BSACC0820BK
FILCO 直角ケーブル3号 3ピンミッキータイプ・カマ型 携帯便利ノートPCACアダプター用ケーブル60cm(DELL,HP,Acer,MSI対応) ブラック FCC60-03

Celeron 847とCore i3-3217U比較

Celeron 847 Core i3-3217U
周波数 1.1Ghz 1.8 Ghz
コア数 2 2
スレッド数 2 4
L3キャッシュ 2MB 3MB
TDP 17W 17W

Celeron 847のWindows エクスペリエンスインデックスのスコアは約3.9。ブラウジングやメール程度ならば問題なく行えるようです。YouTubeは720pの動画はスムーズに再生できるようですがCPU使用率が60%近くになったり、1080pの動画は再生しているとカクカクする模様。また、zipファイルを解凍するときにもCPU使用率が100%になるなど何をするにもパワー不足。全てにおいてパワーを求めるのであればDC3217IYEをオススメ。

ちなみにDC3217IYEが搭載しているCore i3-3217Uはハイパースレッディング・テクノロジーに対応。スコアは約6.2で、ブラウジングや文書作成はもちろんのことBlu-rayの再生もサクサク。

メモリ
メモリはノートパソコン用のものしか使えない。DDR3-1600 PC3-12800 or SO-DIMM DDR3-1333 PC3-10600 or SO-DIMM DDR3-1066 PC3-8500のメモリを刺せばOK。デュアルチャネルにも対応。
CPUの換装は不可能なのでこのメモリやSSDなどのストレージ面で強化して体感パフォーマンスを上げていくしかありません。

DDR3-1600
のほうがエクスペリエンスインデックスのスコアが上だし、容量も多いほうが後々後悔せずに済むと思うので余裕を持って8GBくらいは積んでおきましょう。
また、将来的にNUCから他のノートパソコンに載せ替える時にDDR3-1600の方がつぶしが利くのでこちらをオススメします。
8GB時(4GB*2)のWindows エクスペリエンスインデックスの値はおよそ7.2の模様。

mini PCI Express mSATA SSD編
mini PCI Expressスロットを2本搭載。1本はフルサイズmini PCI Expressスロット
mSATAに対応しておりmSATA SSDの取り付けが可能です搭載できるストレージはmSATA SSDしかないことに注意しましょう。2.5インチのHDDとSSDは搭載不可です。CPUの換装は不可能なのでメモリやSSDなどのストレージ面で強化していくしかありません。

mSATA SSDはIntelの525 Series, PLEXTORのM5Mシリーズ, Crucialのm4 mSATA SSDシリーズのうちどれかを選択することになります。

製品名 容量 コントローラ 読込 書込
Crucial M500 Series – m4シリーズの後継品。m4シリーズはもう生産終了っぽい
CT120M500SSD3 120GB Marvell
88SS9187
500 MB/s 130 MB/s
CT240M500SSD3 240GB 500 MB/s 250 MB/s
CT480M500SSD3 480GB 500 MB/s 400 MB/s
PLEXTOR mSATA SSD M5M Series – 現状mSATAで最速SSD
PX-64M5M 64GB Marvell 88SS9187 540 MB/s 160 MB/s
PX-128M5M 128GB 540 MB/s 320 MB/s
PX-256M5M 256GB 540 MB/s 430 MB/s
Intel 525 Series mSATA SSD – NUCと同じIntel製
SSDMCEAC120B301 120GB SF-2281 550 MB/s 500 MB/s
SSDMCEAC180B301 180GB 550 MB/s 520 MB/s
SSDMCEAC240B301 240GB 550 MB/s 520 MB/s
Toshiba HG5d – 大人気な東芝製SSD「HG5d」のバルク品
THNSNH128GMCT 128GB TC58NC5
HA9GST d>

534 MB/s 471 MB/s
THNSNH256GMCT 256GB 534 MB/s 471 MB/s
Samsung 840EVO mSATA – 840EVOシリーズのmSATA版
MZ-MTE120B/IT 120GB Samsung 3‐Core MEX 530 MB/s 520 MBs
MZ-MTE250B/IT 250GB 540 MB/s 520 MB/s
MZ-MTE500B/IT 500GB 540 MB/s 520 MB/s
MZ-MTE1T0B/IT 1TB 540 MB/s 520 MB/s

ASCII.jp:売れ筋6Gbps対応mSATA SSDの最速はどれだ? (3/4)

こちらの記事にてPLEXTORやCrucialのmSATA SSDをNUCに搭載してCrystalDiskMarkで
ベンチマークがされています。ちなみに最速はPLEXTORのPX-128M5M

SSDを搭載させたWindows エクスペリエンスインデックスのプライマリ ハードディスクのスコアはWindows7で最高値の7.9をマークしています。

mini PCI Express 無線LANカード
もう1本のハーフサイズmini PCI Expressスロットは無線LANカードを搭載させるためのもの。無線LANカードorWifiカードを搭載させると無線LANで接続できるようになり、見た目もスッキリ。また、BlueToothに対応している6235, 2230などを搭載させてBlueToothのマウスとキーボードを使うようにすればUSBポートを1つも使わずに済みますね。

使用できるIntel製無線LANカード一覧
Intel Centrino Advanced-N 6235, Intel Centrino Advanced-N 6205
Intel Centrino Wireless-2230 , Intel Centrino Wireless-2200

6235はWifiだと 802.11a/b/g/nその他に対応、BlueToothは最新規格の4.0を搭載。
PCパーツショップでもNUCとセットで販売されています

【NUC】intelの無線LANカードのWifi/BTが正しく認識されない場合の解決法

OSについて
OS
はWindows7でも8でもどっちでもOKではあるが、WIndows7だと有線LANのドライバやIntel Smart Response
Technologyなどの認識できないデバイスがある模様でそれらの対処が面倒くさそう。Win8を導入してみたら自動で難なく認識&インス
トールされたとの報告もある。Win7と8どちらを選ぶかはお好みでどうぞ。言うまでもなくインストール時にはUSBメモリか外付けDVDドライブが必要になってくるので注意しましょう。

構成例

安く組み上げるなら

【NUC】
【メモリ】 4GB – Transcend PC3-8500(DDR3-1066) 4GB SODIMM JM1066KSN-4G
【mSATA SSD】 64GB – Crucial CT064M4SSD3 , PLEXTOR PX-64M5M
【OS】Microsoft Windows 8 (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)
NUC 19,800円 + メモリ2,000円 +  SSD7,200円 + OS9,000円 = 合計 : 約38,000円

このような構成になると思います。システムドライブが32GBしかないのはあまりにも少なすぎるし、容量が少なくなると速度が低下するSSDがあるので少し余裕を持って64GBに。余裕がなくても全然構わないなら32GBモデルのCT032M4SSD3を搭載しましょう。

手堅く組むなら
【NUC】
【メモリ】 8GB – CFD DDR3 SO-DIMM PC3-10600 CL9 4GB 2枚組 W3N1333F-4G/N
【mSATA SSD】 128GB – Crucial CT128M4SSD3 , PLEXTOR PX-128M5M
【無線LANカード】Intel Centrino Advanced-N 6235 (6235ANHMW)
【OS】Microsoft Windows 8 (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)
NUC 19,800円 + メモリ4,000円 + SSD13,000円 + 無線LANカード 3,800円

+ OS 9,000円 = 合計 : 約49,600円

この構成がオーソドックスなのではないでしょうか。メモリを16GBに, SSDを256GBにして組む人も多いと思います。とはいいつつもやはりDC3217IYEの方が圧倒的に人気です。

さぁ、貴方も省スペースで省電力、発熱も少ないNUCで超小型PCを自作してみませんか?



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
mSATA SSDの新たな選択肢!PLEXTOR M5Mシリーズ!【各モデルスペック比較】
NEXT
【NUC】Intelの無線LANカードのWifi/BTが正しく認識されない場合の解決法

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。