公安9課

*

【mSATA SSD】Intel vs PLEXTOR vs Crucial 120GB, 240GBクラス【スペック・性能比較】

    [最終更新日]2015/01/18 23:55

【mSATA SSD】Intel vs PLEXTOR vs Crucial 120GB, 240GBクラス【スペック・性能比較】

今まではmSATA SSDはCrucialのものしか選択肢がありませんでしたが、最近になりIntelとPLEXTORがmSATA SSDの製品を発売し、選択肢が広がりました。


前置き
比較に用いるmSATA SSDは、Crucial m4 mSATA SSDシリーズ, Intel 525 Series, PLEXTOR M5Mシリーズの3つ。容量は120GB &128GBモデル, 240GB & 256GBモデルの比較となります。

120GB, 128GBモデル編
左からPLEXTOR M5M, Crucial m4 mSATA SSD, Intel 525 Series

製品名

PLEXTOR
PX-128M5M


Crucial 128GB CT128M4SSD3

SSD
MCEAC180B301
容量 128GB 120GB
タイプ MLC
規格サイズ 2.5インチ
インターフェイス Serial ATA 6Gb/s
コントローラ Marvell
88SS9187
Marvell
88SS9174
SandForce
SF-2281VBC
NANDフラッシュ Toshiba19nm Toggle Micron 25nm Intel 25nm
読込速度 540 MB /s 500 MB /s 550 MB /s
書込速度 320 MB /s 175 MB /s 520 MB /s
ランダム・リード 80000 IOPS 45000 IOPS 25000 IOPS
ランダム・ライト 76000 IOPS 35000 IOPS 40000 IOPS
消費電力(アクティブ時) 200mW 200mW 300mW
消費電力(アイドル時) 1mW 85mW 250mW
設置タイプ 内蔵
厚さ 3.6mm 3.75mm 3.7mm
保証期間 3年 3年 5年

シーケンシャルリード・シーケンシャルライトを重視
Intel 525 > PLEXTOR M5M > Crucial m4 mSATA SSD
シーケンシャルリード・ライト性能はIntelの勝利。

ランダムリードを重視】 – 実際の操作時の体感速度に影響
PLEXTOR M5M > Intel 525 > Crucial m4 mSATA SSD
ランダムリードはm4に35000 IOPSの差をつけてM5Mの圧勝。

ランダムライトを重視】 – 実際の操作時の体感速度に影響
PLEXTOR M5M > Intel 525 > Crucial m4 mSATA SSD
ランダムライトは525に36000 IOPSの差をつけてPLEXTORの圧勝。

値段】 – 一番重要かも
Crucial m4 mSATA SSD ≒ PLEXTOR M5M >>>>>>> Intel 525
CrucialとPLEXTORの値段差はワンコイン程度しかないが、525との差は3000円近い。
525の性能にプラス3000円の価値を見出せない人はPLEXTOR M5Mが一番無難でオススメ。

なお、PLEXTORのPX-128M5MASCII.jp:売れ筋6Gbps対応mSATA SSDの最速はどれだ? (3/4)|本命が続々登場!! mSATA SSDに大注目という企画でダントツの性能を発揮しています。また、CrucialのCT128M4SSD3も最新のSSDに劣らない結果を出しています。

このベンチマーク結果を踏まえて性能がいい順に並べると
PLEXTOR PX-128M5M > Crucial 128GB CT128M4SSD3 > Intel SSD MCEAC180B301
となります。Intel…。

240GB, 256GBモデル編
左からPLEXTOR M5M, Crucial m4 mSATA SSD, Intel 525 Series

製品名
PLEXTOR
PX-256M5M

Crucial 256GB CT256M4SSD3

525 SSD
MCEAC240B301
容量 256GB 240GB
タイプ MLC
規格サイズ 2.5インチ
インターフェイス Serial ATA 6Gb/s
コントローラ Marvell
88SS9187
Marvell
88SS9174
SandForce
SF-2281VBC
NANDフラッシュ 東芝19nm Toggle Micron 25nm Intel 25nm
読込速度 540 MB /s 500 MB /s 550 MB /s
書込速度 430 MB /s 260 MB /s 520 MB /s
ランダム・リード 79000 IOPS 45000 IOPS 50000 IOPS
ランダム・ライト 77000 IOPS 50000 IOPS 60000 IOPS
消費電力(アクティブ時) 200mW 200mW 300mW
消費電力(アイドル時) 1mW 85mW 250mW
設置タイプ 内蔵
厚さ 3.6mm 3.75mm 3.7mm
保証期間 3年 3年 5年

シーケンシャルリード・シーケンシャルライトを重視
Intel 525 > PLEXTOR M5M > Crucial m4 mSATA SSD
シーケンシャルリード・ライト性能は525の勝利。

ランダムリードを重視】 – 実際の操作時の体感速度に影響
PLEXTOR M5M > Intel 525 > Crucial m4 mSATA SSD
ランダムリードは525に29000 IOPSの差をつけてM5Mの圧勝。

ランダムライトを重視】 – 実際の操作時の体感速度に影響
PLEXTOR M5M > Intel 525 > Crucial m4 mSATA SSD
ランダムライトも525に170000 IOPSの差をつけてPLEXTORの勝利。

値段】 – 一番重要かも, 2/25現在 PLEXTOR M5Mの値段は分からず。
Crucial m4 mSATA >>>>>>> Intel 525  
m4 mSATAとIntel 525の価格差がなんと1万近くもある。

まとめ
結局のところ、性能もいいしコスパ抜群なのはPLEXTORのM5MシリーズのSSDとなります。
525を選ぶメリットはほとんどないように感じますが、どのブランドを信仰するかは人それぞれ。
さぁ、あなたはどのブランドのSSDを買いますか?



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
【PLEXTOR SSD】M5Sもページサイズとブロックサイズが変更されていた【性能劣化】
NEXT
【SSD】SAMSUNGが春の新生活応援キャッシュバックキャンペーンを開始【840ファミリー】

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。