公安9課

*

mSATA SSDの新たな選択肢!PLEXTOR M5Mシリーズ!【各モデルスペック比較】

    [最終更新日]2015/01/18 23:55

mSATA SSDの新たな選択肢!PLEXTOR M5Mシリーズ!

【各モデルスペック比較】

mSATA SSD界にPLEXTORのM5Mシリーズが参戦し、mSATA SSDの選択肢が広がりました。

StorageReview-Plextor-M5M-mSATA-SSD

M5MシリーズはPLEXTORの現在のフラッグシップモデルであるM5P/M5Pro Xtremeシリーズと同様にMarvell製の88SS9187を採用し、NANDフラッシュは東芝製19nm Toggle MLC NANDを採用しています。

M5Mシリーズ各モデルスペック一覧

製品名
PX-64M5M

PX-128M5M

PX-256M5M
容量 64GB 128GB 256GB
タイプ MLC
規格サイズ 2.5インチ
インターフェイス Serial ATA 6Gb/s (SATA3)
コントローラ Marvell 88SS9187
キャッシュ容量 DDR3 128MB DDR3 256MB DDR3 512MB
読込速度 540 MB /s
書込速度 160 MB /s 320 MB /s 430 MB /s
ランダム・リード 73000 IOPS 80000 IOPS 79000 IOPS
ランダム・ライト 42000 IOPS 76000 IOPS 77000 IOPS
消費電力(アクティブ時) 200mW
消費電力(アイドル時) 1mW
設置タイプ 内蔵
厚さ 3.6mm
保証期間 3年

シーケンシャルリードは全てのモデルで540 MB/s。シーケンシャルライトは64GBが160 MB/s, 128GBが320 MB/s, 256GBは430 MB/sとなっています。
また、ランダムアクセス性能は表を見る限りでは128GBと256GBとで1000 IOPSの差がありますが非常に僅かな差なので体感は出来ないでしょう。消費電力はアクティブ時200mW, アイドル時でわずか1mWと非常に省電力となっており、ノートパソコンであれば多少ながらもバッテリーの稼働時間の上昇が見込めます。

ベンチマーク参考画像(NUCに搭載した場合)

px-256m5m-cdm-default
どのモデルも2.5インチSSDと遜色のないベンチマーク結果です。シーケンシャルリードは公称値には及びませんでしたがそれでも充分なスコアを出していますし、シーケンシャルライトは公称値以上のスコアを叩き出しています。なんといっても、低容量モデルでも大容量モデルとあまり変わらないベンチマーク結果になっているところも見どころ。

まとめ
小型フォームファクタにも関わらず、2.5インチSSD並のシーケンシャル性能・ランダムアクセス性能を発揮しているPX-128M5Mは非常に魅力なSSDであると思います。値段もPX-128M5Mで約13,000円と魅力的な価格設定でコストパフォーマンスも抜群です。

PX-128M5MとCrucialのCT128M4SSD3の値段を比べると後者のほうが確かに安いですが、価格差はたった数百円しかありません。なのであともう少し、あと数百円出してCT128M4SSD3よりも上のシーケンシャルリードライト性能、遥かに上のランダムリードライト性能であるPX-128M5Mにしましょう。オススメです!



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
【Z9 Plus】リプレース&ドレスアップしてみる?ケースファンまとめ【LED】
NEXT
【Intel NUC】Celeron 847搭載!DCCP847DYEまとめと比較【廉価版】

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。