公安9課

*

2015年の後半に256GBのSSDが70ドル以下になるかも?

   

2015年の後半に256GBのSSDが70ドル以下で入手出来るような世の中になるかもしれません。

128GBのSSDの価格は40ドルに、256GBのSSDの価格は2015年の後半には70ドル以下になるだろうとApacer Technologyのゼネラル・マネージャーであるCK Chang氏が言及しています。Apacerは日本でコンシューマ向けSSDは販売していないのでそんなメーカー聞いたことがないという人が多数だと思います。私もないです。

 NANDフラッシュ

CK Chang氏によると、上位のチップベンダーが生産コストの低い14nm~16nmのプロセスに移行することにより生産コストがダウンしたためNANDフラッシュメモリもといSSDの価格は下がるだろう、とのこと。

 

NANDフラッシュの微細化(nm)は生産コストのダウンによる低価格化・容量増加・省電力・低発熱になるというメリットがありますが、製品寿命が短くなると言われているため気にする人は気にするところです。

 

果たして本当に下がるのかどうか分かりませんが、仮に下がったとしても日本に入ってくる時には国内販売代理店が上乗せするでしょうから70ドル(8236円, 1ドル117円時)にはならなさそうな予感がします。

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
NVIDIA GeForce GTX960搭載グラフィックカード性能まとめ
NEXT
MX100との比較も!Crucial SSD BX100シリーズスペックまとめ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。